2013年9月27日金曜日

「山田衣 2013 a/w 街と花」はじまりました


本日より「山田衣 2013a/w 街と花」はじまりました。
















今回も素敵な服がいっぱいです。
メンズものもあります。

やわらかくてあたたかい、まさに着ると「ほっこり」してしまうことでしょう。

お気軽にご試着ください。


山田さんも30日までおります!ぜひお話してみてください。







2013年9月25日水曜日

山田衣展 2013 a/w 「街と花」 9/27-10/15

2013. 9.27 fri -10.15 tue     
10:00~18:00 水・木 休み
入場無料








京都で洋服を制作している山田衣さんの、春に続く展覧会。
やわらかいワンピース、暖かいウールのベスト、軽いコートなど秋冬物の新作が並びます。
着たときに少し良い気分になるようなものを見つけてもらえたら・・・とのことです。

山田衣さんの在廊予定は9月27日(金)~30日(月)です。

2013年9月24日火曜日

「納田裕加個展 絵と納玉と織」展 終了しました



本日をもちまして「納田裕加個展 絵と納玉と織」展が終了しました。
たくさんの方に足をお運びいただきました。ありがとうございました!







いろんな方に納田さんの作品を見ていただくことができ、とても嬉しかったです。

絵も納玉も織も、すべて納田さんみたいに愛らしい存在感を放っています。
日に日に目に馴染み、心に馴染んでいきました。


展覧会が終わってしまうのはさみしいですが、納田さんの作品は
一部はこれからもアノニム・ギャラリーでお取扱いしていく予定です。
気になる方はぜひお尋ねください。


2013年9月20日金曜日

かわいらしい納田さん


今日は納田さんと工房集の皆さんが来てくださいました!

集の皆さんが来てくださるのは2回目。
今回は、前回とは違うメンバーがやってきました。
手話を教えあったり、おならについてのトークがあったり、とてもにぎやか。








納田さんは終始感激の様子。
まず展示を見て感激。
作品が売れていると知って感激。
納田さんの個展についての新聞記事をみて感激。
本当にかわいらしくて、こちらも感激しました。


ふと気づけば「風の谷のナウシカ」全7巻を持って歩いていたり、
アイスコーヒーをもって歩いていたり、手を握ったり寄り添ったり、
納田さんのかわいさにはまってしまいそうです。









首をかしげるのが納田さんの必殺ポーズ。
納田さんにまた会える日が楽しみです。

2013年9月18日水曜日

しみじみ










9月に入ってから、市民新聞やLCV(諏訪のローカルテレビ)、
信濃毎日新聞でギャラリー及び納田裕加展をご紹介いただきました。
おかげさまで、地元の方々が多く足を運んでくださり、嬉しく思っています。


「宣伝しとくで」とDMをもっていってくれたり、いろいろとご紹介くださったり、
とてもありがたいなとしみじみ思います。








2013年9月17日火曜日

納田さんの絵



納田さんの絵について、お客様と話をすることは楽しいことです。
納田さんの絵は細部をじっくり見ても、一歩引いて見ても新しい発見があります。
ひとたび絵と向き合いはじめると、まるで迷路に飛び込んだように抜け出せなくなるのです。
絵の前に立ちじっくり眺めながらずっと話し込むということも。





まず最初に色を見るか形を見るかで印象が変わること。
どこから描きはじめるのかという疑問。
細かい要素がたくさん散りばめられているのに、全体として美しくまとまっていること。
色鉛筆の色面の線の隙間から画用紙の白が見えること(好きな人と嫌いな人がいる)。
何の生物が描かれているのかについて。
図形の組み合わせについて(分裂させたり組み合わせたり、新しい見方がどんどん出てくる)。





納田さんが絵を描きはじめたのはそう昔のことではないらしい。
工房集のアートディレクターをされている中津川さんは
納田さんの毛糸のオブジェについてアメリカのジュディス・スコットを例に挙げていましたので、
私も挙げさせてもらうなら、今回展示している7点の絵画作品に関しては
ガストン・シェサックGaston ChaissacやヴォルフリAdolf Wölfliを想起させるものだという個人的印象を持ちました。
それは数多くの顔(目)が描きこまれているのと、画面上の図形・色面の分割によるものだと思います。


とか言っても納田さんは嬉しくないですね。


とにかく納田さんの絵は、めくるめく迷宮であり、絵巻のように見る者の目線を誘導し、楽しませる
スペクタクルなのだと思いました。











ぜひ生でご覧ください。









2013年9月10日火曜日

心やさしい庭

先週はお客様のMさんが「ボランティアで庭の草を刈ってあげますよ」と言って、
2日間庭に入ってくれました。
花壇と道の境目が分からないほど草がぼうぼうと伸びていたのですが、
驚くほどきれいに。
いろんな専用の道具を使い分けてズボンを真っ黒にして作業してくれました。








花も喜んでいます。
近所のこどもたちも。

本当にありがとうございます!

ほのぼの。





2013年9月9日月曜日

アコーディオン



先日のライブにも出演してくださった吉田三桃さんよりアコーディオンをいただきました。







ぴかぴかに磨かれた深紅のアコーディオン。
飾っておくだけではもったいないので、全く訳が分からないけれど
弾けたらいいなという一念のみでチャレンジ。


付属の練習曲の楽譜より、コードを3つ覚えれば弾ける「こぎつね」という曲をひたすら練習。


とりあえずは「こぎつね」をブラッシュアップしたいと思います。









2013年9月8日日曜日

霧走の夢想


今日はざあざあぶりの雨です。
たまに来てくださるSさんがみかんをおすそ分けに下さった。
聞くと、八ヶ岳スーパートレイルという60㎞、100㎞、100マイル(160㎞)のマラソンがあり、
ボランティアをしていたとのこと。なんと寝ずに走るのだそうです。

昨晩や今日の天候からすると、霧の中を走るという感じでしょうか。
いろいろな世界があるのだなと思いました。想像も及びません。









納田裕加展、ご好評をいただいてとても嬉しく思っています。
今回の展示作品は内容もさることながら価格帯が幅広いこともあり、
「アートというものを初めて買います」という方もいて、
心の中で「よっしゃ」と思いながら何度もうなずいてしまいます。
気軽な気持ちで、ここが入り口になっていれば本当に幸いです。



紅葉より一足早く、色とりどりな納田作品をぜひご覧ください。