2014年2月28日金曜日

3月の営業



いよいよ、3月3日(月)―ひなまつり―より営業再開となります。




*3月のお休み
5、6、12、13、19、20、26、27日



*3月の展示は

3日(月)~18日(火) 「ちきゅうのおくりもの―地質学者A氏の研究部屋―展」です。
地質学者・赤松陽さんの地質学コレクションによる展覧会です。

9日(日)14:00~は出展者の赤松陽さんを囲んで地学談議に花を咲かせる地学カフェがあります。
参加者の方にはちょっとした地学的プレゼントがあるそうです。



21日(金・祝)~は「山田展―山田の山田による山田をめぐる展示会―」です。
山田真歩さんとそのご家族による展示会です。

21日(金・祝)11:00~と13:00~、22日(土)11:00~には山田父母による出し物があります。
絵本の読み聞かせやボードビル(手を使った人形劇)など、大人から小さい子供まで楽しめる内容です。東小金井の「インド富士」のおいしいカレーもありますので、お楽しみに。




*3月の本棚
テーマは「一冊に百冊以上の魅力を感じた本」です。
ブックセレクターは「毎晩お笑いの深夜ラジオから人生の光をもらっている」久保圭史さんです。
1冊ごとに久保さんのコメントが付いています。
ゆっくりじっくりご覧くださいませ。


















2014年2月25日火曜日

気まぐれインタビュー




地球の誕生から今までを1日と換算すると、
生命の誕生は朝の5:13、
恐竜がのそのそと歩き始めるのがやっと22:55、
人類の誕生は23:59だそうです。



来週の月曜からはじまる「ちきゅうのおくりもの」展。
アノニム・ギャラリーには、化石や骨、鉱石、なんだこれ?なものが届いております。
出展者の赤松陽さんに5つの問いをなげかけてみました。

*            *             *


Q1 地球の時代区分では何時代が好きですか?

新生代の第三紀です。なぜならこの時代に山が高くなったり、今の地球の姿がほぼ出来上がったからです。


Q2 今までで一番感動した地学体験は?

山は動いていると測量で実感したとき(1年間で3mmも動いていた)。


Q3 地学を志すきっかけは?

小さい頃から山登りが好きで、山はどうして高くなったのか知りたいと思ったから。
小学6年生の時には友人らと三人で八ヶ岳に登っていました。


Q4 地震はなぜ起こるのですか?

3月9日(14時00分~)にお話ししますので、よければ聞きにいらしてください。


Q5 展示への意気込みをお願いします

身の回りの地学を親しみやすくやさしく紹介したいと思っています。


*           *            *


ありがとうございます。

展示楽しみにしています。




*           *            *




自然はいつだって「ちきゅうのおくりもの」。


いつもの見慣れた街の風景が山と谷の風景に見えるような。






2014年2月21日金曜日

本棚



今年は3月3日から営業がはじまるアノニム・ギャラリーです。


今年からは店内に月ごとにテーマが変わる「本棚」が登場します。
毎月ひとつのテーマをもとに集められた本たちを置いていきます。



「3月の本棚」のテーマは「一冊に百冊以上の魅力を感じた本」です。




ブックセレクターは「休日のジュンク堂書店吉祥寺店にこの人あり」と言われる久保圭史さんです。

久保さんは1984年生まれで、本以外に好きなのは水、寿司、美術、火、お笑い、森、風呂、猫、カレーライス、映画、石、音楽、蕎麦、酒、骨董、珈琲、海とのことです。



そんな久保さんにこれまで薦められた本の名本打率は9割を超えています。
7、8年前に教えてもらった中平卓馬の評論集は良すぎて付箋だらけです。


本好きの方、本の話が好きな方、ご期待ください。


楽しみがまた一つ増えました。







2014年2月15日土曜日

ちきゅうのおくりもの-地質学者A氏の研究部屋-     03/03mon.-18tue.

2014/03/03mon.-18tue.
10:00-18:00
水・木曜お休み
入場無料





                                     photo/ Yo Akamatsu







地球の歴史、火山、地震、海洋、大気、
象、宇宙・・・幅広い世界の謎に迫る地学。
半世紀もの間、地学に携わってきた赤松陽さんが
収集してきた“ちきゅうのおくりもの”を解説付きでご紹介します。
不思議なコレクションのほかに、地学に関する蔵書なども並びます。
研究部屋を覗きに来たような展示になるのでは・・・。
ぜひご高覧ください。

 
*       *       *

 
地学カフェ あります! 
39() 14:00- 
参加費500(お茶付)
赤松陽先生にお話を聞いたり、質問したり・・・。
地球のこと、恐竜のこと、地震のことなど、
地学談義に花を咲かせましょう。
地学好きの方も、そうでない方も、お気軽にご参加ください。





赤松陽 Yo Akamatsu
1941年生まれ。40年に渡り都立高校の教師として地学を教える。
現在は地学団体研究会の庶務として、ボランティアで運営に携わっている。
そのほか、日本地質学会、応用地質研究会、島弧深部構造研究会、地質学史懇話会、下仁田自然学校、日野の自然を守る会等に所属。












 

2014年2月6日木曜日

四人の女の子



しばしばお客様より
「アノニムの四人の女の子のイラストは店主が描かれたのですか?」
と聞かれますが、あのかわいらしいイラストロゴは
山田真歩さんにつくってもらいました。



お店の顔ともいえるロゴを作るにあたり、
山田さんはおととし改装作業中の店舗を見に来ました。
その日はちょうど両親と庭造りをしていた日で、
作業する我々や遠く近くに見える山々、草や虫をスケッチしていました。

そのあと、お店のあり方や内容なんかを熱く語りながら
約1時間くらい温泉につかり続け、二人とも真っ青になったことはどうでもいいことですが、
そこでの語らいはとても重要なことでした。



それから待つこと数ヶ月、送られてきたイラストロゴのひとつが、
あの「四人の女の子」でした。
何で「四人の女の子」なのか、見学の結果がどう反映されているのかはさっぱり分かりませんでしたが、
一目でぐぐっと気に入ってしまいました。



つい先日山田さんに会い、「なぜ四人の女の子なのか」を聞くと、
お店のコンセプトのひとつである
「一人のカリスマに頼るのではなく、あらゆる人の多様な表現を発信する場である」
ということを四人の「普通の」女の子が暗に示している
とのことで、なんだかとても感動しました。


実は男性四人バージョンもあるのです。

また、HPに使用しているねこやコーヒーカップなどのイラストも山田さんによるものです。



近い将来、このイラストを使ってアニメーションを作ることは一つの夢です。



2014年2月1日土曜日

2月の営業




まことに勝手ながら、2月は冬期休業となります。



予約営業や商品のお問い合わせは休業中も受けております。
お気軽にご連絡くださいませ。



✉contact@anonym-gallery.com




*         *         *






営業再開は3月3日になる予定です。



3月からの展覧会は

地質学者・A氏の学術資料コレクションから「ちきゅうのおくりもの -地質学者A氏の研究部屋-」展

さらに、

アノニム・ギャラリーのすてきなイラストロゴをつくってくれた山田真歩さんとそのご家族の展覧会「山田展」
 

へと続いていきます。


また、今年は店内に、月ごとにテーマが替わる「本棚」が登場します。
ブックセレクターは・・・アノ方です。





目下さまざまな楽しい計画を練っておりますので、
ぜひお楽しみにしていただければうれしいです。