2014年8月30日土曜日

9月の営業









9月の展覧会

開催中~16日(火)「あきこさんとあっこさん展」

21日(日)~28日(日)「鹿首展 醸す」

19, 20, 29, 30日は企画展はありませんが、通常営業しています。





9月のお休み
3, 4, 10, 11, 17, 18日です

※24(水), 25(木)は営業します





9月のアノニム塾
小倉正史さんによる月1回の現代アート講座「アノニム塾」が9月からはじまります。
日時 9月7日(日) 15:00-
場所 アノニム・ギャラリーのカフェスペース
受講料 投げ銭制(千円くらいだとありがたいです)




9月の夜のアノニム
夜のギャラリーをお楽しみください。
9月12日(金)18:00-22:00 
夜のアノニム営業日には昼は営業しておりませんのでご了承ください。




9月のローリング市場
ローリング市場とは、不用品を提供してもらい、経費は出るけど利益が出ないくらいの値段で再販売し、”物”を循環させてゆく場です。
9月21日(日)10:30-15:00 アノニム・ギャラリーの別棟2階にて

*ローリング市場で使える通貨、その名も「ローリング通貨」を発行しています。
 不用品を提供してくださった方に100ローリングお渡ししています。不用品を持ってきて、ローリング通貨でお買い物をお楽しみください。





9月の本棚
毎月一つのテーマをもとに本を集めた今月の本棚。
9月のテーマは「love岡本太郎!の本棚」です。
ブックセレクトは20代に岡本太郎を愛読していた店主・赤松です。





2014年8月29日金曜日

あきこさんとあっこさん展 はじまりました






本日より「あきこさんとあっこさん展」はじまりました。


あきこさんは長い長い一本の反物を半年以上かけて織っていきます。


あっこさんは今はもう絵を描いていません。
でも、ここでは60点ものドローイングを見ることができます。


結構貴重で、愛らしい作品の数々をぜひ見にいらしてください。









2014年8月27日水曜日

あきこさんとあっこさん展 8/29fri.-9/16tue.

2014年8月29日(金)-9月16日(火) 10:00-18:00 水・木休み

9/12(金)は夜営業のため18:00-22:00営業










布を織る人あきこ(足立暁子)さんと、絵を描く人あっこ(横山明子)さんの展覧会です。



*          *          *


足立暁子

1975年生まれ。埼玉県在住。
1994年より「川口太陽の家」に所属。
2002年より「川口太陽の家・工房集」に所属。


横山明子

1973年生まれ。埼玉県在住。
1991年より「川口太陽の家」に所属。
2002年より「川口太陽の家・工房集」に所属。

2014年8月26日火曜日

自由研究展 終了しました





本日をもちまして、itouaya[wawa]さんの「自由研究」展が終了しました。



ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

写真を撮り忘れてしまったのが惜しいですが、ワークショップも毎回定員となり、
とても盛況でした。


アノニム・ギャラリーの「従業員専用出入り口」はwawaさんの「常設展示作品」となりますので、
今後もちらりと眺めていってください。


2014年8月22日金曜日

パン!

7月よりカフェメニューに加わったpain mojiのパンをご紹介します。

こちらのリクエストやそのときある材料などからメニューを考えパンを届けてくれます。
本当にどれもおいしいです。


たとえば・・・


・チョコパン




中に入っているビターなチョコと、天然酵母の少しすっぱいパン生地とが絶妙なマッチング。



・ブルーベリーのベーグル(ブルーベリークリームチーズ添え)



先週は富士見、今週は下諏訪のブルーベリーを使っているとのこと。
もちもちなベーグルに、甘みがほどよいクリームチーズ。


・くるみとレーズンのパン



くるみもレーズンもごっそり入っています。個人的にはナンバー1。


などなど。
何のパンがあるかはその時によって変わります。


ベーシックなアノニム・トースト(季節のジャム付)もあります。


小腹がすいたら、ぜひどうぞ!

2014年8月21日木曜日

24日のワークショップ

24日に行われるwawaさんのワークショップ《模様磨り硝子をつくってみる》ですが、
16:00~の回が追加で開催されることとなりました。

まだ迷っていた方、
夜のライブと合わせて楽しんでみようかなという方、
ぜひご連絡ください。

ワークショップ《模様磨り硝子をつくってみる》
透明のガラスに好きな模様をマスキングしてオリジナルの磨り硝子をつくってみます
ガラスのオーナメントに模様をつけていただき当日お持帰りいただけます

追加回
8月24日(日)
・16:00~

・10:30~はあと1名大丈夫です。
・13:00~は定員となりました。

――各回定員となりました。ありがとうございました。――

定員各回4名 予約優先 所要時間は1時間程です
参加費 2,500円[お茶付き]
ご予約はアノニム・ギャラリー(tel:0266-75-1658)まで





2014年8月18日月曜日

Live!の人々

Live!

夏の終わりを告げるような、
熱った体を癒すような、
ゆるやかで滋味深い音楽時間をお届けする夏のLive!です。



出演 persicum、ARAKI Shin



2014年8月24日(日) 18:30- charge 1500yen



persicum

東京生まれ。心地良く歌い、リズミカルにギターを奏でる。
スタンダードジャズ、ボサノヴァを中心に都内ホテル、ギャラリー、バーにて活動している。
FMのオープニングミュージックやCM音楽、ドキュメンタリー映画への楽曲提供も行っている。



ARAKI Shin
サクソフォン奏者、作編曲家。これまでにアルバム”A SONG BOOK”、”HALLS”をRONDADEレーベルより発表ほか、サポートとしてakira kosemura、EXILE、永山マキ、haruka nakamura、vusik等多数アルバムに参加。ファッションショーの音楽、写真家や舞踏家など他ジャンルとのコラボレーションを多数手がける。”Jazz Collective”の一員としてロシア政府より招聘を受け演奏。
ARAKI Shin→



ARAKI Shinさんによるアノニム・ギャラリーの音楽映像作品→

昨年のライブの様子→




ライブのご予約・お問い合わせ
アノニム・ギャラリー tel. 0266-75-1658 までお願いします。



2014年8月16日土曜日

自由研究 展はじまりました





本日よりitouaya[wawa]さんの「自由研究」展がはじまりました。

wawaさんの生きるための「自由研究」といったところでしょうか。

wawaさんらしい、みずみずしくさわやかな展示空間です。

「研究」成果を確かめに、ぜひいらしてくださいね。

2014年8月13日水曜日

itouaya[wawa] 自由研究 8.15 fri.-26 tue.

2014.8.15 fri.-26 tue.  
10:00-18:00  ※22日(金)のみ21:00まで
水・木休み
入場無料






itouaya[wawa] 2nd exhibition  自由研究 句読点を打ってみる


唯一残っている自由研究の記憶は
育てていたきゅうりが枯れてしまい 最後まで成長記録をとれずに
泣きながら発表をした小学1年生の時のこと

同じように 失敗したまま投げ出されていること
未完成のまま置き去りになっているもの

それらにこの夏 区切り をつけてみようとおもいます

*        *         *


ワークショップ開催

《模様磨り硝子をつくってみる》
8月24日(日)
・10:30~
・13:00~

定員各回4名 予約優先 所要時間は1時間程です
参加費 2,500円[お茶付き]
ご予約はアノニム・ギャラリー(tel:0266-75-1658)まで

詳細は



*        *         *

下諏訪でオーダーメイドのステンドグラスを制作しているwawaのitouayaさんの展覧会です。

今回はステンドはもちろんのこと、wawaではない、itouayaとしての「研究」結果も報告してくれます。

wawaとitouaya、二つの世界をお楽しみください。


  wawaさんは16日終日と22日夜、24日終日に在廊される予定です。


2014年8月12日火曜日

ゆうあい展 終了しました


本日をもちまして四賀アイアイさんの「ゆうあい」展が終了しました。









近くから遠くから多くの方にご来場をいただき、誠にありがとうございました。















2014年8月10日日曜日

すわ湖の町の平成元年



今月の本棚のテーマは「諏訪人の本棚」です。
その中に『すわ湖の町の平成元年-写真考現学-』という本があります。


昭和が終わる1989年1月7日から、同年12月31日まで
毎日写真1枚と簡単な文章で日記風につづった本で、
時事ネタや、失われゆく街の景色や、人々の何気ない日常が細かく記録されています。
タイトルにある「すわ湖の町」とは下諏訪のことをさしているようです。

スナップショット的な写真が多く、無防備な市井の人々もたくさん写されており、
異様になまなましさを感じさせます。

当時の株価とか電車賃とか散髪代とか、学生の人数とか、締切日とか、数字のデータも充実していて記録的な価値もありますが、個人の、たとえば「町」の日本最高齢の人とか自費出版した人とかの非常に個人的なデータも載っていて楽しいです。
さらには街にいる普通の人々の、本来なら知るはずもない、どうでもいいようなそれぞれの事情を
共有することになります。




『すわ湖の町の平成元年』
市川一雄著 あざみ書房(東京ではなく下諏訪の方の) 1990年






2014年8月9日土曜日

写真






2014. 8. 8 fri.    夜のアノニム





          おと と ことば と よる の 心地良い関係性ライブ 「て・て・と・て・と・て」





2014年8月7日木曜日

アノニム塾

9月より、小倉正史さんによる現代アートの講座「アノニム塾」がはじまります。


小倉正史のアノニム塾 第一回

日時 9月7日(日)  15:00~
(だいたい月1回のペースで開催の予定)

場所 アノニム・ギャラリーのカフェ・スペース

受講料 投げ銭制(千円位だとありがたいです)

詳細に関してはあらためて掲載します。


小倉正史profile
1934年生
国際美術評論家連盟会員.フランス芸術文化勲章シュヴァリエ章.1983年から1990年まで美術雑誌『アトリエ』編集長。
著書:『現代美術,アールヌーヴォーからポストモダンまで』(海野弘と共著、新曜社、1989年),
訳書:ジャック・アンリク著『クロソフスキー画集』(リブロポート)
ジョルジュ・ロック著『マグリットと広告』(リブロポート)
アンドレ・レスレール著『アナキズムの美学』(現代企画室)
レジス・ドブレ著『クレモニーニ画集』(アール・ヴィヴァン)
ブレーズ・ガラン著『芸術からの解放。アール・ソシオロジックとはなにか』(青弓社)
ジャン・コーヌ著『コミュニケーションの美学』(白水社)
展覧会企画:カトリーヌ・ボーグラン「赤い死のマスク」(北関東造形美術館,1994)Sarkis-Zone(北関東造形美術館.1994)
「ディスプレースメント」(横浜市民ギャラリー、1996)
「杉本博司展」(カナダ大使館ギャラリー、1996)
「オリヴィエ・ブランカール展」(ナディフ、東京、1998)
「都市の風景」(バンコク日本文化センター,2003)
Another City(Centre A,ヴァンクーヴァー,2009)
セミナー参加:「諸科学の統合と表象の科学の設計」(大阪国立民族学博物館,2003-2004)
コーディネーション:「フランス現代美術週間」(フランス大使館、ギャラリー小柳、ミヅマ・アートギャラリーほか、2005)



長年現代美術の現場に携わってきた小倉さんに現代美術のこれまでと今について
ご自身の経験や考察からお話いただく予定です。
先日坂口恭平や「大地の魔術師」展の話など興味深く聞かせてもらいましたが、
他にも引き出しいっぱいでとても楽しみです。

現代美術ファンの方も、初心者の方も、創っている方も、見るのが好きな方も、
どなたさまもお気軽にご参加ください。







2014年8月6日水曜日

長野に来た



先日作品をお取扱いさせてもらっているスウィングのかなえさんが京都から来てくれました。







かなえさんはお寺の娘さんとのことですが、かわいい鳥居の絵を描いています。

「木ノ戸さん」と「なべちゃん」からはスウィングの方々の詩の朗読CDをいただき、
あまりの内容のすばらしさにびっくり仰天しました。

時折、BGMでかけていますので、絵とともにお楽しみください。