2014年11月30日日曜日

12月の営業







12月の展覧会

開催中~12月9日(火) 「若狭宣子 空の波」展
若狭さんの水彩画の展覧会です。

12月12日(金)~23日(火・祝) 「2014アノニム」展
今年アノニム・ギャラリーで展示してくださった作家の皆さまより少しずつ出品していただきます。

ぜひご高覧ください。



12月のイベント

◇若狭宣子 空の波LIVE
出演 中原英貴(八ヶ岳珈琲工房 TABLELAND)
日時 12月6日(土) 18:00開場 19:00開演
charge 1,500円(お茶付)
ギターの弾き語り。画家・若狭が絵を描くことについて綴った詩を、珈琲焙煎師・中原が歌にして弾き語ります。


◇水彩画教室
講師 若狭宣子
日時 12月1日(月)12:30-15:00
    12月8日(月)12:30-15:00
受講費 各回1,500円(お茶付)


◇persicum XmasLIVE
出演 persicum
日時 12月20日(土)18:00開場 18:30開演
charge 2,000円(Xmasdrink付)
ギターの弾き語り。美しい歌声。





12月のお休み
3,4,10,11,17,18,24~31
水・木曜の定休日です。
年内の営業は23日までとなります。




12月の本棚
毎月一つのテーマで本を集めた「今月の本棚」。ブックセレクト人は毎月変わります。
12月のセレクターはただいま展示もしてくださっている若狭宣子さんです。
最近は着物を着ることにはまっているとのことで、在廊されるときは着物の時もあり、お客様にびっくりされています。
本棚のテーマはシンプルに「若狭さんの本棚」です。手描きの書評(写真付き!)も、展示と合わせてお楽しみに。




12月は「夜のアノニム」と「ローリング市場」はお休みです。
「アノニム塾」はまだ未定なので、決まり次第またお知らせいたします。






2014年11月29日土曜日

LIVE ヨーガとしてのリズム 開催しました








パンちゃんこと杉山浩一さんのジャンベライブ「ヨーガとしてのリズム」が開催されました。

若狭さんの展示空間の中にパンちゃんひとり、お客様は廊下やカフェスペースから見る
という今までにないライブとなりました。

若狭作品ファンであるパンちゃんは若狭さんの展示空間の中で演奏することが夢だったとのことで、
静かに大きく願っていれば、ひょんなところから叶うものなのだなと聴きながら思いました。

研ぎ澄まされた「気」の凝縮した、とても素敵なライブでした。







2014年11月28日金曜日

若狭宣子 空の波 はじまりました












本日より「若狭宣子 空の波」展が始まりました。


今回は私が展示構成をさせていただきました。
若狭さんの絵や詩、話した人柄などから伝わる透明感をそのままに、失わないように
気をつけました。


空の波とは何でしょう?空気の波動のようなものでしょうか。
若狭さんの「空の波」を感じにいらしてください。


明日は杉山さんによるジャンベのライブがあります。お楽しみに!







2014年11月27日木曜日

井桁さんの小屋づくり報告書






井桁さんの小屋づくり報告書④ 文責:井桁修平

仕上がりまであと少し!!内装に取り掛かりはじめました。

真ん中に仕切り壁をつくり別々の雰囲気の部屋をつくりたいなと思いつき作業を始めました。
玄関側の壁と床はパッチワーク的壁とフローリング、奥の部屋は屋久杉化粧板を壁材に使い床は畳。最近の化粧板は木目プリント物が沢山あるけども、材は本物の木を薄くスライスして貼ってある高級素材。
岡谷の大きな工務店さんが工務店を廃業するとの事で沢山高価な建材や電動工具やらをいただきにいただいちゃいました!!
明日は小屋の一番の見せ場である小屋正面のガラスパッチワーク作業がスタートします。興味がある方!作業したい方!是非遊びに来てくださいねー。
あっ、あと28日の夕方から制作途中の小屋の中でモンモン飲み会をいたします。悶々と答えのでない話しをしながら美味しい料理とお酒を飲みましょう。ではまた!!





ジブリ映画にでてきそうな、のはらさん。




2014年11月26日水曜日

若狭宣子 空の波 11/28 fri.-12/9 tue.

2014年11月28日(金)-12月9日(火)
10:00-18:00 水・木曜定休






空の波



空に ふれる

風に つつまれて

肌を ひらき

空の波に ふれる


耳を すまし

空の 重さと 湿度を 知る

そして 吸い込んだ空から 水の量を 知る


心臓の音が 聴こえる

自分の 皮膚の下の 全てが 海になって

その海に 浸る


絵を 描く

もう 目を開けていなくても かまわない




*        *         *


この詩は、私が山に登ったり、林の中を歩いているとき、感じていることを言葉にしました。絵は、すべて自然の中で出会った風景です。
その風景に出合った時、その場で描くときもあれば、何年も時を経て私の記憶になった情景を描くこともあります。
自然は神秘的で、静かにその空気に触れていたときだけ、美しいものが目の前に現れるようです。そんな時は、何処にいても尽きることなく美しさが繋がっていきます。
美しさが見つかる場所は、必ずしも高い山や自然豊かな場所だけではないでしょう。
いつも、自分が自分の居る場所にきちんと居ることが出来れば、美しい波が全ての場所に広がっているような気がします。
  
                              2014年11月 若狭宣子




空の波 イベント
LIVE①杉山浩一(Pan-chan)「ヨーガとしてのリズム」
日時 11月29日(土) 17:30開場 18:30開演
charge 1,500円(お茶付)
アフリカの太鼓・ジャンベのソロ演奏です。


LIVE②中原英貴(八ヶ岳珈琲工房 TABLELAND)
日時 12月6日(土) 18:00開場 19:00開演
charge 1,500円(お茶付)
ギターの弾き語り。画家・若狭が絵を描くことについて綴った詩を、珈琲焙煎師・中原が歌にして弾き語ります。


水彩画教室
講師 若狭宣子
日時 12月1日(月)12:30-15:00
    12月8日(月)12:30-15:00
受講費 各回1,500円(お茶付)

2014年11月25日火曜日

山鹿織り15年のあゆみ展 終了しました

山鹿織り15年のあゆみ展が終了しました。

連日多くのお客様にご来場いただきまして、ありがとうございました。

2回、3回と足を運んでくださる方も多く、また2~3時間じっくり見ていってくださる方など、
山鹿織りの会の皆様が地元の方々に愛されているということがよく分かりました。

バタバタして写真を撮り忘れてしまいましたが、
いつもとは違う余白少なめの展示空間となっており、
ギャラリーとしての振幅も少し広がったかなと思いました。





2014年11月23日日曜日

おれはおれだ

噴火がやっとしずまると、野原や丘には、穂のある草や穂のない草が、南のほうからだんだん生えて、とうとうそこらいっぱいになり、それからかしわやまつも生え出し、しまいに、いまの四つの森ができました。けれども森にはまだ名まえもなく、めいめい勝手に、おれはおれだと思っているだけでした。

宮沢賢治「狼森と笊森、盗森」より






2014年11月22日土曜日

山鹿織り15年のあゆみ展 はじまっています




「山鹿織り15年のあゆみ」展がはじまっております。

山鹿織りの会の7名のメンバーが制作した織物、編み物、染めて織った着物、
愛犬の毛で作った糸で編んだ着物、木の実のアクセサリー、継布・・・など
などさまざまなバリエーションの手芸品が所狭しと300点近く並んでいて、見ていて楽しいです。

山鹿織りの会の皆さまは衣に関しては自給自足できるというのが大きな目標とのことです。
糸もボタンも手作り。創作意欲が高く、なおかつ幅広いです。

毎年ひとつテーマを決めて制作発表してきたという山鹿織りの会の皆さんのこれまでの作品と新作をご高覧ください。
25日(火)までです。



2014年11月20日木曜日

山鹿織り15年のあゆみ展 11/21-25

平成26年11月21日(金)-25日(火) 会期中無休
10:00-17:00
入場無料
主催:山鹿織りの会



八ヶ岳山麓・山浦地方(山鹿の里)で昔から受け継がれてきた機織りの技術を引き継ぎ、
温もりのある作品を仕上げてきました。
裂き織りの炬燵掛け、帯、タペストリー、バッグや、家(うち)織りとよばれる布の再現した創作品をどうぞご覧ください。

2014年11月18日火曜日

美しさはあなたの目の中に 終了しました

本日をもちまして「美しさはあなたの目の中に」が終了しました。

ご来場くださった皆様、アノニム・ギャラリー内で見立てを楽しんでくださった皆様、イベントにかかわってくださった皆様、見立て人として出品してくださった皆様、本当にありがとうございました!


以下は小屋づくりをしている井桁さんが今回の展示用に書いた文章の一部です。
最後(?)にふさわしいと思うので、引用させていただきます。


*         *          *           *


私たちが日頃、生活しているなかには見立てられたものがたくさんあり、その中で私たちは日々を過ごしているようなものだと私は感じてます。
それぞれが見立て方によってそのものは一瞬にして別のものになる可能性を秘めているのです。
それぞれが日々の生活の中で何かを見立てた時の美しさや、感動、それによって幸せを感じる瞬間と出逢えることを願っております。
















ちなみに、井桁さんがアノニム・ギャラリーのはなれの2階の一部で生活しながら
行っている小屋づくりは11月中まだまだ続きますので、
ぜひ一緒に小屋づくりにいらしてくださいね。
(今日は屋根部分をつくっていました。)

 


2014年11月17日月曜日

井桁さんの小屋づくり報告書





井桁さんの小屋づくり報告書③   文責:井桁修平

土台が完成しまして、トントンという感じで柱が立ちました。現在、屋根と床を制作中です。友人が縁も遥々千葉、川崎、長野市、佐久市から小屋つくり遊びに参加してくださいました。ありがと~!!今日は硫黄岳山荘の先代の親方も床つくりを手伝ってくださいました。山小屋の親方はその昔。木材を八ヶ岳の山の上に担ぎ上げて厳し環境の中で小屋を建てた経験をおもちなので、ひときわスキルが素晴らしい。80歳過ぎてもまだまだ元気!!ぱぱっと板を水平に引き床を仕上げる。感無量です。
残り半分は頑張ります。
色々な人と一緒につくる大きな作品は本当に面白い!!見立て展の企画は明日で終わりですが今月末まで小屋つくりは行います。一緒に小屋つくり遊びしましょう!!では、またの報告書お楽しみに!きばりまーす。












2014年11月16日日曜日

The beauty in your eyes










アートというものは物の見方というものと密接に関わりあっていると思います。
ものの見方を揺るがしてしまうものがその人にとってのアートだと思います。
それはその人の日常生活の中に浸みこんで、ふとした瞬間に心の中に現れたり、なにかの理解を助けたり、逆に分からなくさせたりすると思います。
そうやって世界の中にほうりなげられた私たちを少しなぐさめてくれているのかもしれません。
ですからアートは決して他から与えられるものではないし、非常に個人的でありながら、生の全体にかかわっていると思います。






2014年11月15日土曜日

帽子

9日に開催されたAtelier hicaoさんによる糸遊びのワークショップ。

そのときに帽子を作られた方がいて、当日は時間切れでしたが、
その後3日かけて完成させて、かぶってきてくれました。

素敵ですので、ご紹介します。






なんと、リバーシブルなのでもう一面。






糸くずのほかに布も使っていて、一部ゴムが入っているという力作です。


私もこんなふうに自由に作ってみたいと心から思いました。



2014年11月14日金曜日

炭火と古楽器第二夜 開催しました

今月の「夜のアノニム」(14日)は「炭火と古楽器」の第二夜、武藤哲也さんによるリコーダーの演奏会でした。

大小さまざまなリコーダーを曲に合わせてかわるがわる演奏してくださいました。







「リコーダーによるヨーロッパ2000年の旅」というテーマのもと、
紀元前の曲から、中世にはめずらしい女性の作曲家の曲などなど、
とても興味深い話を交えながら、演奏を聴きました。本当に良かったです。


リコーダーの音色はかわいらしく、やわらかく、優しく、
炭火のように空間と体に響きました。



2014年11月13日木曜日

ロケットストーブ

平島さんより「常設展示」用にロケットストーブを持ってきていただきました。

ご興味ある方には実際に使ってみていただければと思いますので、
お声掛けください。


先日はさんまを焼いてみました。






魚や肉を焼くには向いていないようですが、火力を調節したり、
魚の位置をずらしていったり、井桁さんの采配によりとてもおいしく焼けました。






2014年11月12日水曜日

見立て

ロケットストーブづくりを教えてくれた平島さんが見立ての遊び「めだまっち」を教えてくれました。
やり方はとっても簡単です。









もう分かったかな?

「美しさ」展も残すところあと1週間となりましたが、会期中は「めだまっち」を増殖させていきたいと思います。
ぜひ見立てにいらしてくださいね。




2014年11月11日火曜日

井桁さんの小屋づくり報告書



井桁さんの小屋つくり報告書②土台完成まであと少し!!  文責:井桁修平


土台の材料は許可をもらい八ヶ岳の麓から頂いてきました。
立派な唐松が間伐されてそのままにしてありました。
チェンソーで切ってみると中はシッカリとしていて問題なく使えるので、同僚の山小屋スタッフも手伝ってくださり立派な丸太を沢山調達しました。






2014年11月10日月曜日

糸遊びワークショップ 開催しました

9日の日曜日にはAtelier hicaoさんの糸遊びワークショップ開催しました。

水に溶ける透明のシートに糸を縫いからめていき、モチーフを作ります。

まず、シートをひとりあたり100×25cmくらいいただいて、本当に自由に縫っていきます。
どんな糸を使うか、しっかり縫うか、うっすら縫うか、どのくらい大きなものを作るか、決めて作業に取り掛かります。
自由度が高く、とても創造的なワークショップでした。

しっかりとした布状にするには、シートとシートの間に糸くずや綿を詰めて縫いました。




おじさまたちもちくちく。
子供たちも大人もおしゃべりしたり、黙々と作業したり、なごやかに楽しみました。




そして、縫い終わったら、水で洗い流します。
どんな作品ができるか、溶かしてみるまで分かりません。
偶然の要素も入ってくるのです。

こちらが出来上がった作品の一部です。




平面だけでなく、立体の作品もあります。
今回は立体を作られる方も何名かいて、苔玉のような地球のような緑のもさもさした玉や、
人形みたいなものも出来ました。hicaoさんからは「今回の皆さんは自由で楽しいです~」というお言葉をいただきました。

そして、極めつけはこんな帽子を作った人も(写真はシートを溶かす前の状態)。




帽子を作った方は時間切れで持ち帰って作られるとのことでした。
出来上がったら、またご紹介したいと思います。
きっと素敵な帽子になることでしょう。 


この、水で溶けるシートは一般的に市販はされていないとのことで、
なかなかの貴重な体験となりました。
hicaoさんのワークショップもぜひまた続けていければと思います。
ご参加いただいた皆様、hicaoさん、ありがとうございました。



2014年11月9日日曜日

炭火と古楽器 第一夜 開催しました


 
8日の土曜の夜に、「炭火と古楽器」と題して、立川叔男さんのコンサートを開催しました。

大小さまざまな5種類の古楽器を演奏してくださいました。


照明をなるべくおとして、「美しさ展」の空間のなかで、まさしくしみじみと聴きました。

曲と曲の間には、「自分の音楽がどこから来るのか」という話をしてくださいました。

お客さまより「現代の音楽がなくしてしまった音が聴けた気がした」というお言葉をいただきました。









第二夜は・・・


第二夜
日時 20141114() 19:00開演
演奏者 武藤哲也(リコーダー)
茅野市出身・在住。千葉大学理学部数学科卒業。高校・大学時代にリコーダーを研鑽。会社員の傍ら、2006年から演奏を再開。リコーダー:本村睦幸氏、ヴィオラ・ダ・ガンバ:平尾雅子氏、鍵盤楽器:上尾直毅氏より古楽アンサンブル・レッスンを受け、2012年に演奏家として独立。主に長野県内にてリコーダーとオカリナの講師を務めるほか、リコーダーJP社の出版楽譜に添付されるCDでの演奏を手掛ける。HPhttp://studio-papalin.com/

Charge 1夜 2000円(炭火で温めたdrink付)
     2夜通し券 3000 (炭火で温めたdrink付)

ご予約・お問い合わせは・・・アノニム・ギャラリー 
391-0211茅野市湖東新井4278 tel.0266-75-1658




2014年11月5日水曜日

糸遊びしましょう

9日(日)のAtelier hicaoさんのワークショップでつくる予定の糸のモチーフのサンプルがやってきました。

非常にかわいいです。








この秋東京都美術館で見た工房しょうぶさんの小さなはぎれの刺繍作品を想起させます。

額に入れて飾っても、服に縫い付けても、コースターなどのマットとしても素敵です。
不思議で、またとない、唯一の糸くずモチーフとなることでしょう。








Atelier hicaoのワークショップ  水で溶けるシートを使って、糸でモチーフを作ろう

糸くずがかわいい布に!特殊なシートで糸くずを布モチーフにします。
モチーフはコースターやチャーム、オーナメントにもなります。
材料のシートはコースターでしたら5個分位作れる大きさのものをご用意します。
お子様もぜひご一緒に!どのような糸をどのような形に見立てるか・・・たのしくわいわいやりましょう。

日時 119() ①10:30 ②14:00(約2時間)  

定員 各回10[予約優先] 

場所 アノニム・ギャラリーのカフェスペース  

参加費 2000円(材料費込・お茶付)

ご予約は0266-75-1658(アノニム・ギャラリー)までお願いします。
10:30~の回はあと若干名ですが、14:00~の回はまだ定員に空きがありますので、ご参加お待ちしています。
















2014年11月4日火曜日

2014年11月3日月曜日

井桁さんの小屋づくり はじまりました

11月1日(土)より井桁さんの小屋づくりワークショップがはじまりました。

1日、2日はあいにくの雨でしたが、どんどんと実作業に入っています。
今は一番重要な基礎となる部分をつくっています。
ぜひ見に、参加しに、いらしてください。





以下、井桁さんによる小屋づくり報告書です。
(文中の「山荘のおやじ」とは井桁さんが10月まで働いていた某山荘のおやじさんのことです。)



井桁さんの小屋づくり報告書 文責:井桁修平

アノニム・ギャラリー小屋つくり12日は残念ながら雨!!
でもでも、沢山やるべき事はある。
朝から山荘の親父と小屋の土台になる間引きされた唐松の丸太の皮剥をした。親父は本当に自分でなんでもやって生きてきた人。スキルが半端ない。学びのかたまりの様な方です。
今日も、説明を聞いてから私が作業に森へ入ると、気になって後から見にきてくれて、実践で教えてくれた。ありがたい。

小屋を建てる場所決めをする。
日当たりを考えて、間取りも考える。材が廃材なのである程度の方針は決めて後は即興造り!!
草を刈り大体の場所を決めて目印の杭を打つ。
その後は必要な面積の整地。
整地もある程度基礎が乗る所を大木槌で叩いて石を入れて固める。
草刈りついでにカボチャと枝豆を収穫しました。夜は料理が楽しみ。

午後からは整地しながら構想を練ったり廃材の種類を仕分けたりした三連休でした。






















2014年11月2日日曜日

ロケットストーブづくり 開催しました

1日(土)に講師の平島安人さんをお迎えして、ロケットストーブづくりのワークショップを開催しました。

雨天だったので、蔵の軒下で行いました。

今回は6名で参加の予定でしたが、
1名の方がどうしても来られず、でもロケットストーブが欲しい!と言われ、
そして参加費もすでにいただいている!
ということで、急きょ私が代わりにつくることになり、
今回は6名+お子ちゃまが3名、犬が1匹と飼い主の方が参加しました。





まずは平島さんによるロケットストーブのデモンストレーションがありました。

ウッドガスストーブも火を入れてくれました↓






まず煙突穴をはさみで開けて、煙突と缶をしっかり付けます。
そして、金具でふたつの缶を重ねます。

形ができたら、底に開いた穴からパーライトという断熱材を入れます。
この時は、双子の少年がじょうごを持つ係とパーライトがスムーズに入っていくように缶をたたく係に分かれて働いてくれたのでとても助かりました。(ちゃきちゃきとよく働く少年たちでした。)

そして最後にオプションとして、缶に持ち手を付けたら出来上がりです。
見立ての要素を入れようという平島さんのはからいもあり、
缶の持ち手の付け方や、煙突のでっぱりの長さなどはそれぞれ決めました。

珈琲はケリーケトルで沸かしたお湯で!という私のリクエストで
お湯を沸かしてもらい、珈琲と玄米甘酒を淹れました。

他にも竹割りなどの道具も持ってきてくださっていて、竹割り体験なども用意していたのですが、
時間がおしてしまったのでおひらきとなりました。

参加者の方より、とても楽しかった!と言っていただき嬉しく思いました。
ロケットストーブづくりの第2弾やスタードームづくりなど今後も計画中です。
平島さん、ご参加いただいた皆様ありがとうございました!







ケリーケトルです↑


2014年11月1日土曜日

臨時休業のおしらせ

臨時休業のお知らせです。

明日の11月2日(日)12:00~16:00のあいだは、法事のため、
臨時休業とさせていただきます。

なお、10:00~12:00、16:00~18:00は営業します。
また井桁さんによる小屋づくりは、常時庭でやっておりますので、
お手伝いいただける方、見に来ていただける方、ぜひぜひお待ちしております。

宜しくお願いいたします。