2014年11月10日月曜日

糸遊びワークショップ 開催しました

9日の日曜日にはAtelier hicaoさんの糸遊びワークショップ開催しました。

水に溶ける透明のシートに糸を縫いからめていき、モチーフを作ります。

まず、シートをひとりあたり100×25cmくらいいただいて、本当に自由に縫っていきます。
どんな糸を使うか、しっかり縫うか、うっすら縫うか、どのくらい大きなものを作るか、決めて作業に取り掛かります。
自由度が高く、とても創造的なワークショップでした。

しっかりとした布状にするには、シートとシートの間に糸くずや綿を詰めて縫いました。




おじさまたちもちくちく。
子供たちも大人もおしゃべりしたり、黙々と作業したり、なごやかに楽しみました。




そして、縫い終わったら、水で洗い流します。
どんな作品ができるか、溶かしてみるまで分かりません。
偶然の要素も入ってくるのです。

こちらが出来上がった作品の一部です。




平面だけでなく、立体の作品もあります。
今回は立体を作られる方も何名かいて、苔玉のような地球のような緑のもさもさした玉や、
人形みたいなものも出来ました。hicaoさんからは「今回の皆さんは自由で楽しいです~」というお言葉をいただきました。

そして、極めつけはこんな帽子を作った人も(写真はシートを溶かす前の状態)。




帽子を作った方は時間切れで持ち帰って作られるとのことでした。
出来上がったら、またご紹介したいと思います。
きっと素敵な帽子になることでしょう。 


この、水で溶けるシートは一般的に市販はされていないとのことで、
なかなかの貴重な体験となりました。
hicaoさんのワークショップもぜひまた続けていければと思います。
ご参加いただいた皆様、hicaoさん、ありがとうございました。



0 件のコメント:

コメントを投稿