2015年2月28日土曜日

2月の本棚


2月の本棚は小口緑子さんセレクトの本棚、「装丁でチョイスした100年前の本」でした。
背や見返し、フォント、挿絵など、探し物を見つけるみたいに「美しさ」を発見して、ウシシとなりました。







フォントが美しすぎて読めなかった2~3冊を除いてますが、以下がリストになります。

1. THE CLOISTER AND THE HEARTH
2. STORY OF THE BIBLE
3. GOLDEN LEAVES FROM THE AMERICAN POETS
4. THE WHITE WATER FALL
5. Through the Looking Glass
6. How Germany Makes War
7. BALLOU'S ALASKA
8. The Blackberry Pickers
9. TWO YEARS BEFORE THE MAST
10. Ballads of Lost Haven

2015年2月25日水曜日

3月の営業


〇3月の展覧会〇

◇開催中~3月1日(日) 小口緑子美術展 後編「ワンペア なし形」展

◇3月6日(金)~17日(火) Noboru Ishida Exhibition

◇3月20日(金)~24日(火) anonym gallery collection

◇3月27日(金)~4月14日(火) 馬と馬具にまつわる展覧会 


6日から始まる石田冲さんの展示では5つのワークショップをご用意しています。
詳しくはこちら→



〇3月のお休み〇
2, 3, 4, 5, 11, 12, 18, 19, 25, 26
水・木曜の定休日と、2日(月)、3日(火)です。






〇3月の夜のアノニム〇(←click)   夜のアノニムは毎月第2金曜です
3月の夜のアノニムでは、ミユリさんの語り芝居とあきこさんの篠笛の上演があります。

「早春・風のほほえみ~ことだまのしらべ~」
日時:3月13日(金)18時開場 18時半開演 
出演:ミユリ(語り芝居)、あきこ(篠笛)
演目:「稲むらの火」、「峠一輪 花物語」 麻績村の伝説『お仙の茶屋』より、他 数作品
Charge:1,500yen(ドリンク付)
ご予約・お問い合わせ:
0266-75-1658(アノニム・ギャラリー)
090-4910-6234(半田)
080-2040-4273(矢崎)






〇3月の「ローリング市場」〇(←click)     ローリング市場は毎月第3日曜です
日時:3月15日(日) 10:30-15:00 
場所:アノニム・ギャラリーのはなれ(2階)




〇3月の本棚〇
毎月一つのテーマで本を集めた「今月の本棚」。ブックセレクト人は毎月変わります。
3月のセレクターは蓼科高原で有機野菜を作っている青木栄作さんです。
昨年のちょうど今頃から始まった「今月の本棚」のコーナー、最初期から愛用してくださっている本好きの青木さんです。
本棚のテーマは「昔の本棚(本だな~?)」ということで、団塊の世代的な遊び心で魅力的なセレクトをしていただけることでしょう。近況としましては、最近トラクターを購入したとか。
昔読んだ本なので中身を全然覚えていないとのことで、今回はセレクト本についてのコメントの展示はありませんが、「おもしろい本だよ」とのことです。





〇3月の「アノニム塾」〇(←click)
美術評論家・小倉正史さんによる月1回の現代アート講座「アノニム塾」です。
日時 3月8日(日) 15:00-
場所 アノニム・ギャラリーのカフェスペース
受講料 投げ銭制(千円くらいだとありがたいです)




2015年2月23日月曜日

ことだまのしらべをきく

ミユリさんの語り芝居と、あきこさんの篠笛の上演のお知らせです



「早春・風のほほえみ~ことだまのしらべ~」

日時:平成27年3月13日(金)  18:00開場  18:30開演 

出演:ミユリ(語り芝居)、あきこ(篠笛)

演目:「稲むらの火」
   「峠一輪 花物語」 麻績村の伝説『お仙の茶屋』より、他 数作品

Charge:1,500yen(ドリンク付)

ご予約・お問い合わせ:
0266-75-1658(アノニム・ギャラリー)
090-4910-6234(半田)
080-2040-4273(矢崎)



ミユリさんは「語りは、親が子供にしてやれるいちばん贅沢なおくりものだ」と言っていました。
耳をすまして、じっくりとお楽しみください。

2015年2月21日土曜日

孤独




「創造的な思考はおそらく、誰からも干渉されない孤独な長い期間と情緒的な要求が何もない状態を必要とするのである。」


*     *     *     *     *


「創造的な人は、自分が創造するものを通して自己発見、主体性の変革、そして宇宙に意味を見出すことに絶え間なく努力している。」


*     *     *     *     *


「創造的な人にとって最も重要な瞬間は、何か新しい洞察を得るか、あるいは新しい発見を瞬間である。そして、このような瞬間は、必ずとは言わないまでも、主として独りでいる時なのである。」



アンソニー・ストー『孤独』 吉野要監修、三上晋之助訳、創元社




今月の本棚から何気なく『孤独』(11月の本棚)を取り出して読み始めたら、
おもしろすぎて、かゆいところに手が届きました。




2015年2月20日金曜日

小口緑子美術展後編 ワンペア「なし形」はじまりました




本日より小口緑子さんの美術展、後編 ワンペア「なし形」がはじまりました。







「ある形」につづく「なし形」。


ドリンクを作る仕掛けも「苦悩ドリンク」から「歓喜のジュース」へと変化しています。


「ある形」展のミニ図録や、「キツネの嫁入り」の映像作品もお見逃しなく。


3/1(日)までです。




2015年2月17日火曜日

小口緑子美術展 後編 ワンペア「なし形」 2/20fri. - 3/1sun.

2015年2月20日(金)― 3月1日(日)
10:00-17:00  水・木定休









ここにひとつの梨があります
ここにふたつの梨があります

なしがあるってどういうこと
あるとなしとはついってこと


*     *     *     *     *

小口緑子さんの美術展です。

2月前半に開催した「ある形」展につづく後編。


小口緑子プロフィール
1974年6月11日生まれ。A型、双子座。女子美術短期大学卒業。2004年に故郷である長野県下諏訪町御田町商店街の一角で、かつて「すみれ洋裁店」として使われていた古い建物を改装し、同じ名前で店舗兼制作スペースをオープン。郷土玩具を扱う夢の会社「ごっこ社」のメンバーとしてもグループ展に多数参加。2014年4月、津金学校(山梨)にて初めての個展を開催。今回が2回目。

2015年2月16日月曜日

お知らせ



2/16(月)、17(火)は展示替えのためお休みをいただきます。

2/18(水)、19(木)は定休日です。

どうぞよろしくお願いいたします。









2015年2月15日日曜日

小口緑子美術展 前編 ワンペア「ある形」 終了しました

本日をもちまして 小口緑子美術展 前編 ワンペア「ある形」 終了しました。

多くの皆さまにご来場いただきありがとうございました。

展示は後編 ワンペア「なし形」(2/20から)へと続いてゆきます。







最終日の今日はクロージングイベント「キツネの嫁入り」でした。

なんとも言葉にしがたい特別な夜となりました。

その映像作品が後編でお楽しみいただけるとか。

後編もぜひご高覧ください。




2015年2月14日土曜日

日和

長野のフリーペーパー「日和」2月号に載せていただきました。
大きく素敵にご紹介してもらいました。ありがとうございます。

それを見たオープンの頃からの常連、お隣のすーちゃん(6歳女子)に「アノニム・ギャラリーもだんだん有名になってきたんじゃない」と言われました。

遠くのアノニム応援団のみなさま、電子ブックでご覧いただけます。

「日和」電子ブック


明日はローリング市場です。
そして、小口緑子さんの美術展前編ワンペア「ある形」の最終日、緑子さんも在廊される予定です。
ぜひお出かけください。

2015年2月10日火曜日

念のため



明日11日は祝日ですが水・木曜の定休日のため、お休みです。

よろしくお願いいたします。




2015年2月8日日曜日

悪魔っ払い

今日はアノニム・ギャラリーのある湖東新井地区では
一年に一度の、各家に獅子舞が回ってくる日でした。
開店早々、雪の舞うなか、篠笛の音がどこからか聞こえてきます。

そしてお店にも袴姿の皆さまが来てくださり、
笛と太鼓と唄に合わせて、おごそかに、悪魔を払っていただきました。








古くからの獅子舞(や笛や太鼓)が受け継がれているのは、諏訪圏内でも湖東新井区だけのようで、とても貴重とのことです。安政七年にはじまったという獅子舞が今に続いています。
昔話の世界と今が地続きでつながっていると感じました。


2015年2月6日金曜日

小口緑子美術展 前編 ワンペア「ある形」はじまりました


小口緑子美術展 前編 ワンペア「ある形」はじまりました。

名状しがたい展示ではありますが、
そっと、不思議で、おかしい、じんわりな空間となっています。

明日からは来場者がグレープフルーツを絞ってスペシャルドリンクを作る仕掛けが登場します。
ドリンクを飲みながらお楽しみください。












2015年2月4日水曜日

小口緑子美術展 前編 ワンペア「ある形」 2/6fri. - 15sun.

2015年2月6日(金)―15日(日)
10:00-17:00  水・木定休









ここにひとつの梨があります
ここにふたつの梨があります

なしがあるってどういうこと
あるとなしとはついってこと




*     *     *     *     *



「キツネの嫁入り」  closing event
2月15日(日) 17:00-
みんなでお餅を食べながら、”ある形”が消える姿をご覧いただきます。
参加費 1,500円(お餅と1drink付)
定員   15名   ※2月10日までにご予約ください
ご予約・お問い合わせ 0266-75-1658(アノニム・ギャラリー)



小口緑子さんの美術展です。

今回は「ある」と「なし」をテーマに、変化する物事を日常の些細なことから見つけた美術として展示します。
見慣れた日用品を使った緑子さんの作品たちは、美術を新しい視点から捉えようとするものです。
15日を境に作品が変化します。前編「ある形」、後編「なし形」ともに、ある事ない事あなたの目で確かめてください。



小口緑子プロフィール
1974年6月11日生まれ。A型、双子座。女子美術短期大学卒業。2004年に故郷である長野県下諏訪町御田町商店街の一角で、かつて「すみれ洋裁店」として使われていた古い建物を改装し、同じ名前で店舗兼制作スペースをオープン。郷土玩具を扱う夢の会社「ごっこ社」のメンバーとしてもグループ展に多数参加。2014年4月、津金学校(山梨)にて初めての個展を開催。今回が2回目。



2015年2月3日火曜日

マサコさんのnit展 終了しました


本日をもちまして、「マサコさんのnit」展終了しました。

ご来場いただいた皆さま、誠にありがとうございました。

初めて真冬の1月の営業となりましたが、多くの皆さまに足を運んでいただき、
nit(編み物)好きの方が多いということも分かりました。
この季節の楽しみなのですね。

自分で糸を縒るのでもなく、自分で糸を染めるのでもない、
お店で糸を買ってせっせと編み続けるマサコさんのnitはあらためて
手編みって素敵だなあと感じさせる何かがあると思いました。




2015年2月2日月曜日

ホームカバーづくり開催しました

マサコさんのnit展、連日多くのお客さまにご来場いただきありがとうございます。

ホームカバーづくりのワークショップも会期中の土・日曜(1/24、25、31、2/1)の4回行い、
さらに追加で月曜2回(1/26、本日)行いました。
まだ完成していない方向けに今度の土曜日(2/7)の午後にもあと1回だけ行います。
初めての方も、手慣れた方も、わいわい編みました。







マサコさんは喜寿を迎えられたばかりで、今回が人生で初となる展覧会です。
ピンクや紫が好きで、いつも自作のワンピースやカーディガンを着ている素敵な女性です。
小学5年の頃から家族や友人のために編み続けてきたそうです。