2015年5月16日土曜日

rhythms


昨年の冬に井桁修平さんが廃材だけで創った小屋を撮影してくれたstephanieが
てづくりの写真集『帰属意識』をプレゼントしてくれました。
そして、その本の奥付には「rhythms/ ○○(人の名前)」とありました。
「rhythms」というのは、写真を選択し配置した友人が自分の行ったその仕事をそのような言葉で表すのがふさわしいとつけたそうです。リズムをつけるとか、流れをつくるという意味合いだそうです。普通、本の奥付には「編者」とか「編集」とか「監修」とかだと思うのですが。
自分の仕事を自分(の思いとか)にフィットする言葉で説明できるなんて本当にいいなとしみじみ思いました。

そして、
明日は夜には古楽器奏者の立川叔男さんと歌い手のツダユキコさんとのユニット「ユキコとよしお」のライブがあります。そういえば前に立川さんも自分にフィットする独自の音楽記号をもっているという話をしていました。


「ユキコとよしお」詳細はこちら→


みなさまのお越しをお待ちしております。


0 件のコメント:

コメントを投稿