2015年7月31日金曜日

8月の営業



〇8月の展覧会〇
◇開催中~8月4日(火) 新しい風景 自分の部屋 展
あと4日となりました。素晴らしい展示ですのでぜひ。


◇8月7日(金)~9月1日(火) やさしい線と紙とはさみ 展
熊本の切り紙作家・藤岡祐機さんと、松本のイラストレーター・山美帆さんの線が際立つ展覧会です。



〇8月のお休み〇
5, 6, 12, 13, 19, 20, 26, 27
水・木曜の定休日です。



〇8月のイベント〇
◇石田冲さんのステンドグラス教室
相談しながら、自分の作りたいものを作ることができるステンドグラス教室です。
日時:8月2日(日) 13:00-
参加費:2000円(材料費込・内容によっては異なる場合もあり)
5名限定・要予約(0266-75-1658まで)


◇「やさしい線と紙とはさみ」展関連イベント①おいしいものとワークショップの日
プリンやカレーを食べながら、山﨑さんと共同制作で一つの作品を作りましょう。 詳細はこちら→

「アムプリンと紙とはさみ」 
8/8(土)10:30〜18:00 
北海道・平沢からエゾアムプリンが届きます。
ワークショップ+プリン+飲み物=1800円 
限定12名(数に限りがありますので、予約をおすすめします。) 

「インド富士と紙とはさみ」 
8/22(土)10:30〜18:00 
東京・東小金井からインド富士のカレーが届きます。
 ワークショップ+カレー=2000円 


◇szymon kaliski japan tour2015
ポーランドのサウンドアーティストでヴィジュアルアーティストとしても活躍し、Kitchen. LabelからアルバムをリリースしているSzymon Kaliskiのジャパンツアーが長野の、しかも茅野の、しかもアノニム・ギャラリーにやってきます!スペシャルゲストにARAKI Shinさんを迎え8月の出展作家の山崎美帆さんとのライブドローイングのコラボレーションもあります。
Open 19:00 / Start 19:30
Ticket: adv. /door 2,000 Yen
Live : Miho Yamazaki, Szymon Kaliski
Special Guest : ARAKI shin

〇8月の「アノニム塾」
美術評論家・小倉正史さんによる月1回の現代アート講座「アノニム塾」。8月は小倉さんが海外へ行かれているため、残念ながらお休みとさせていただきます。
次回は9月です。



〇8月の「ローリング市場」〇   ローリング市場は毎月第3日曜です
日時:8月16日(日) 10:30-15:00 
場所:アノニム・ギャラリーのはなれ(2階)



〇8月の本棚〇
毎月一つのテーマで本を集めた「今月の本棚」。ブックセレクト人は毎月変わります。
8月のセレクターはアノニム店主・赤松です。
本棚のテーマは「ミーハーな本棚」。直筆サイン本ばかりを集めた本棚です。
いろんな人がいろんな人にあてたサイン。絵があったり、格言があったり、眺めているだけで味わい深いですよ。



 〇うさぎ!読書会 ―第4話―
『子どもと昔話』に連載中の「うさぎ!」(小沢健二著)を1話ずつ読み深める会です。 
日時:822日 18:30-  
 場所:アノニム・ギャラリーのカフェスペース 
参加費:1000円(インド富士のカレー付)お腹をすかせて来てください。


2015年7月24日金曜日








アノニム塾、小口さんの共同制作「自己との対話」、小口さんとAidanのアーティストトークは
それぞれ無事に終了しました。
ご参加いただいた皆さまありがとうございます。
「新しい風景 自分の部屋」展も後半へと折り返しました。
ぜひご覧ください。というかこの空間に身を置く機会をいただけましたらありがたいです。


ところで、
展示とは関係ありませんが、ステンドグラス教室を行います。
これまでも何度かステンドグラスのワークショップを開催してきましたが、
またやりたい!作りたいものがある!というご希望に応えての特別開催です。
教えてくれるのは石田冲さん。
内容は、ステンドグラスのモビールや額など、お好きなものを。
自由度が高いので、相談しながら、作りたいものを作りましょう。

日時:8月2日(日) 13:00-
参加費:2000円(材料費込・内容によっては異なる場合もあり)
5名限定・要予約(0266-75-1658まで)


2015年7月11日土曜日

明日はアノニム塾

明日12日(日)は美術評論家・小倉正史さんの現代美術講座「アノニム塾」があります。
配布予定の資料を見ると・・・「新しき村」!

前回は「写真」について、アウグスト・ザンダーの写真を見たり、ベンヤミンの文章を参照しながら、お話を聞きました。
実在論と唯名論のくだりが、その前日に行われた「うさぎ!読書会」の内容ともリンクしていたように思いました。


〇7月の「アノニム塾」
美術評論家・小倉正史さんによる月1回の現代アート講座「アノニム塾」です。
日時:7月12日(日) 15:00- 
場所:アノニム・ギャラリーのカフェスペース
受講料 投げ銭制(千円くらいだとありがたいです)

2015年7月10日金曜日

新しい風景 自分の部屋 はじまりました

本日より「新しい風景 自分の部屋」がはじまりました。






小口純也さん、Aidan Kirkbrightさん、喜多村みかさん、野村剛さんの作品が
アノニム・ギャラリーの一つの部屋に集まりました。

小口さんの作品は展示室に流れているサウンドのほかに、ヘッドホンをして聴いていただく作品もあります。

Aidanの作品は一見ではわからない彼なりの「アートのレシピ」があり、コミュニケーションによって伝えたいということですので、19日14:30~ギャラリートークがあります。

喜多村さんはなんと初めてドローイングも出展してくれています。

野村さんも初めて用いる支持体に粘土絵を作り上げてくれています。



12日(日)と19日(日)には小口純也さんのワークショップが、

19日(日)には、小口さんとAidan Kirkbrightさんのトークがあります。

詳細はこちらから→

ぜひご来場、ご高覧いただけましたら幸いです。




2015年7月8日水曜日

新しい風景 自分の部屋 7/10fri.-8/4tue.

2015年7月10日(金)-8月4日(火)
10:00-18:00/
水・木曜休み(入場無料)




Mika Kitamura
                  
<展示作家>

小口純也(サウンド)

Aidan Kirkbright(インスタレーション)

喜多村みか(写真)

野村剛(粘土絵)




新しい風景と自分の部屋

4人の作家に、
「新しい風景を見せてくれる作品」
と、
「自分の部屋に飾りたい作品」
という二つのお題で
作品を作ってもらいました。

少しだけ地平を切り開いて
どのような新しい風景を見せてくれるのでしょうか。

どのような作品とともに日々を過ごしたいのでしょうか。



4作家による「いつもと違うの」と「いつもの」の展覧会です。





小口純也 
1976年長野県生まれ これまでにアルバム“Compilation”、“like a juno”をequal recordsfunnel mount recordsより発表。某ゲーム会社にて作曲、効果音の制作などに携わる。ニュース番組やメディアへの楽曲提供。音楽だけでなく、絵画や立体、インスタレーションなど様々な表現活動を行う。


Aidan Kirkbright
1990
年オーストラリア、メルボルン生まれ。
2013
Monash University卒業。2014年より山梨在住。
大量生産の商品やゴミを使ったファウンド・オブジェクト、国際交流、ビジュアル・ミュージック、自らの帰属意識をテーマにしたインスタレーション、絵画、写真、ビデオアート作品を制作。


喜多村みか 
1982年福岡県生まれ。2008年東京工芸大学大学院芸術学研究科メディアアート専攻写真領域修了。
在学中より作家活動を開始し、これまで多数の個展やグループ展を通し、国内外で作品を発表。
2013年に初の写真集となる『Einmal ist Keinmal』をテルメブックスより出版。
現在は東京を拠点に作家活動を続けている。主な受賞歴:2006年キヤノン写真新世紀優秀賞(渡邊有紀との共作)2005年ニコンJuna21入選がある


野村剛 
1974年長野県生まれ 京都造形大学卒業 2000年から色つき粘土で絵画表現をはじめる



追記:
関連イベント決まりました。

イベント①
小口純也 共同制作WS 「自己との対話」
小口純也さんとともに録音機材を使って、一つの作品を作り上げるワークショップです。
録音・編集したCDは後日お渡しします。

「普段、思考され、発せられ、伝えられる言葉は虚空に消えていったりするものですが、
それをCDにとどめてみませんか?
私の、今一番あなたに聞いてみたい10の質問に答えていただきます。
聞き返してみるとき、自分との対話という作品が生まれるはずです。
それこそが再生芸術なのです。
これだけは言っておきたい60分、などもどうぞ。
名前などは入れません。
自分の肉声、空気感を録るのは一瞬でも、かけがえのない一瞬になるはずです。」
(小口純也)

日時:7月12日(日) ①10:30~  ②13:30~
    7月19日(日)  ①10:30~   ②13:30~   ③16:00~
各回1名・予約優先
参加費:3000円(後日お渡しのCD作品代含む)
ご予約・お問い合わせ アノニム・ギャラリー 0266-75-1658




イベント②
アーティストトーク
小口純也 × Aidan Kirkbright
今展の出展作家2人によるトークです。
日時:7月19日(日)14:30~
予約不要・参加自由(参加費無料)






Aidan Kirkbright(本展出品作とは異なる)

                  
                                                          

2015年7月7日火曜日

松下美沙ことば展 終了しました

昨年に続き開催された松下美沙さんの「ことば展」が今年も無事に終了しました。

お母さんが子供に絵本のように詩を読み聞かせていたり、
年配の女性が自分の若いころの気持ちを思い出したり、
それぞれ思い思いに展示を楽しんでいる感じがとても心地良い展覧会でした。

5日の移動式参加型ライブは天候にも恵まれて(曇り空)、
私の中では想像していた「移動式参加型ライブ」そのもの、
場の幸福度は想像以上でした。

小学2年生の美月さんの声は本当にかわいらしかったです。
野村さんの生演奏、鳥の声や機械音やバイクの音、いろいろな声の輪唱、無音…
日常のなかに非日常がすとーんとあらわれたような感じで、
参加された方々も一様に高揚しているように見えました。

ご来場いただいた皆さま、ご参加くださった皆さま、
ありがとうございました。













2015年7月4日土曜日

修学旅行文集朗読会 開催しました






昨日、「修学旅行文集朗読会」開催しました。

企画が企画だけに、濃いーメンツで、
貴重な、またとない、発見と笑いと陶酔の時間となりました。
一夜にして修学旅行へ行って帰ってきた気分です。


2015年7月3日金曜日

松下美沙ことば展 はじまりました



本日より「松下美沙ことば展 ふみとふとふとふむ」がはじまりました。





「文と譜と歩と踏む」が今回のテーマ。

小屋も重要な展示室となっています。
ねころがって読んだり、声に出してみたり、野村さんの音を聴いたり、
ゆっくりとお楽しみいただけたらうれしいです。



2015年7月1日水曜日

朗読


7月の第1週には、松下美沙さんの詩の展示にちなみ、朗読にまつわるイベントが二つあります。


*     *     *


「修学旅行文集朗読会」
7月3日(金) 18:00open  19:30start
charge 1drinkオーダー

京都、奈良・・・修学旅行の思い出を書いた(書かされた)文集の朗読会です。
あたまをからっぽにして、お腹の底から笑いたい方に。
メイン朗読者は木元梨枝さん。
読みたい方も、聞きたいだけの方もお待ちしています。
ご自身の文集をご持参くださる方、とくにお待ちしています。
修学旅行にまつわるトークもあり。
ドレスコードは 制服 or ジャージ(もちろん私服でもよいです)。

お問い合わせ
アノニム・ギャラリー 0266-75-1658




*     *     *




「おと と ことば と  心地良い関係性 [移動式参加型] ライブ」
7月5日(日) 13:00open 13:30start
charge 1,000yen(小学生以下無料)

おと・ギター  野村雅美
ぶん・ことば 松下美沙
こえ・ことば 美月 

移動式、そして、参加型のライブです。
すなわち、アノニム・ギャラリーの内外いろんなところを「移動」しながら、
音楽と詩の朗読を聞いたり、時には朗読に「参加」してみたり。
東京から来て心地良いギターを奏でる野村さん、安曇野から来られる小学二年生の美月さんとともに、
松下さんの詩の作品の一部となるような体験。自由度が高く、なおかつ練られている、そんな企画になると思われます。
とはいえ未体験のことなので、どうなるかわかりません。お楽しみに。



ご予約・お問い合わせ 
アノニム・ギャラリー contact@anonym-gallery.com / 0266-75-1658
松下美沙 misa.m.mini@gmail.com