2015年9月25日金曜日

山田衣 2015秋冬新作展 はじまりました







本日より山田衣さんの服の秋冬物の新作展がはじまりました。
暖かい、軽い、着心地のよい服が揃っています。








ラインの綺麗なワンピース、なめらかなパンツ、コート、ベスト、やわらかいウールのシャツ、
メンズのやわらかなトレーナー、コート・・・などなどあります。










今日も早速いろいろな方に試着していただきました。

ぜひ山田衣さんの服に袖を通してみてください。

展示は10月13日(火)までです。
(水・木曜は定休日、10/11(日)は臨時休業となります)










2015年9月23日水曜日

山田衣 2015秋冬新作展 9/25fri.-10/13tue.

2015年9月25日(金)-10月13日(火)
10:00-18:00
水・木曜定休
※10/11(日)は臨時休業をいただきます








アノニム・ギャラリーでも人気の山田衣さんの秋冬の新作展です。
上質な天然素材を選び、着る人の気分が良くなるような服を日々作られています。

山田衣HP→ 











山田さんは最終日の10/13(火)に在廊される予定です。

2015年9月22日火曜日

A文字焼きから43年目の宮坂了作展 終了しました







本日をもって「A文字焼きから43年目の宮坂了作展」が終了となりました。

ありがとうございました。

終わってから言うのも何ですが、宮坂さんの絵は写真と実物では全く異なるので、
ぜひ実物を見ていただければと思っています。
(写真だと宮坂さんの絵の「感じ」が失われるなとつくづく思いました。)
今後もどこか展示の機会があると思うので楽しみです。

DMの中で「A文字焼き」の説明を全くしていなかったので、
「Aもじやき・・・?」と頭のなかにはてなマークをいっぱいにして来てくださった方も多くいましたが、
「えーもんじやき」と読みます。
京都の大文字焼きに着想を得て、大地をAの文字に焼くという
1970年代初頭に宮坂さんがアメリカで行ったハプニング作品のことです。
なぜ「A」なのかはアメリカのAであり、アートのAからとのことです。


2015年9月21日月曜日

アノニム塾 開催しました

本日、小倉正史さんのアノニム塾を開催しました。

今回は街や里の中で行われる芸術祭の先駆けとなり現在でも続いているドイツの「Skulptur Projekte Münster( Sculpture Projects Münster)」について写真を見たり話を聞きました。
さらに、フェミニズム・アートの作家についても少しだけ話を聞きました。
それは次回に続きます。


小倉さんによるアノニム塾も開始から1年を迎えました。
1年やっていて思うことは、語学などは現地に行って言葉のシャワーを浴びることによって身に付くといいますが、アノニム塾も同じで、現代美術のシャワーを浴びるみたいに分からないところがあってもずっと聞き続けていると、
単純に名前や作品を覚えたりするだけでなく、知っていたことと知らなかったことが結びついたり、
知っていたことを別の視点から見ることになったり、いろいろ補完されて行く感じが今となっては実感としてあります。
小倉さんは自分の目で世界中のあちらこちらを見て歩いてきていて、80歳の今でもフットワーク軽く全国の展覧会を見ていて、毎回若い素敵な作家を見つけると報告してくれます(その作家・作品がまた本当にいい)。

継続は力なりで、今後も月1回のペースですが、続けていけたらと思っております。

次回のアノニム塾は10月17日(土)を予定しています。



2015年9月11日金曜日

A文字焼きから43年目の宮坂了作 はじまりました



本日より宮坂了作さんの展示が始まりました。

今回は新作2点、未発表作1点を加えた、「悟りの森」シリーズや「波長」シリーズなど12点を展覧いただけます。

「大文字焼き」ならぬ「A文字焼き」をやった人が諏訪にいるんだよーと声を大にして表明したいがための展覧会です。燃え広がって大変だった話など宮坂さんとお話したら楽しいと思います。

22日(火・祝)までです。
ご高覧いただけましたら幸いです。








2015年9月10日木曜日

A文字焼きから43年目の宮坂了作 9/11fri.-22tue.

2015年9月11日(金)-22日(火・祝)
10:00-18:00/水・木曜(9/16・17)はお休み/入場無料







宮坂了作は高松次郎のアシスタントを経て、
1972年アメリカで「大文字焼き」ならぬ「A文字焼き」を発表。
大地をAの文字に焼き、種をまいて再生させた。
アラン・カプローの賞賛を得て帰国。
地元・諏訪で農業をしながら(種をまきながら)
絵を描き続けている。


宮坂了作略歴
1950年 長野県諏訪市に生まれる
1971年 第1期高松次郎塾にて学ぶ
    高松次郎のアシスタントをする
1972年 カリフォルニア芸術大学留学
    アラン・カプロー、ジョン・バルデッサーリに学ぶ
1973年 クーパー・ユニオン・アートスクール(ニューヨーク)に国内留学 
    日本大学芸術学部中退
1974年 カリフォルニア芸術大学卒業


グループ展
1974年 Qギャラリー(LA)
2008年 松澤宥オマージュ展(安曇野)
2009年 坂口登・宮坂了作二人展
 (銀座ジェイトリップアートギャラリー)


個展
1976~1979年 サトウ画廊4回(銀座)
1985~1987年 村松画廊2回(銀座)
1993年 シロタ画廊(銀座)
2000年 ギャラリー深志(松本)
2001年 チロルの森(塩尻)
2007年 シンワアートミュージアム
    (銀座)
2007年 河西画廊(諏訪)
2011年 くらすわ(諏訪)

2012年 五明荘(茅野)






2015年9月5日土曜日

お知らせいろいろ

昨日より企画展はなしでより一層のんびり営業しております。


ちなみに、

7日(月)は10:00-13:00の営業 としました。

8日(火)は臨時休業をいただきます。


どうぞよろしくお願いいたします。

そして、11日(金)からは宮坂了作さんの企画展示が始まります。
宮坂さんの展示についてはこちら→


9月のアノニム塾の日程が決まりました。

〇9月の「アノニム塾」
美術評論家・小倉正史さんによる月1回の現代アート講座「アノニム塾」です。
日時:9月21日(月・祝) 14:00- 
場所:アノニム・ギャラリーのカフェスペース
受講料 投げ銭制(千円くらいだとありがたいです)


アノニム塾についてはこちら→


いつもは日曜日の15:00からですが、今回は月曜日の祝日14:00からとなっております。
お越しをお待ちしております。


それと、
9月の本棚の本が到着しました。
9月の本棚のセレクトはかないのりこさんです。かないさんはキルトとかパッチワークとかをずーっとやってこられた70代の女性です。
本棚のテーマは「ちくちくな本棚」。手芸好きにはたまらない、何時間でも読み続けられる本棚です。





2015年9月1日火曜日

やさしい線と紙とはさみ 終了しました







本日をもちまして、藤岡祐機くんと山﨑美帆さんの二人展「やさしい線と紙とはさみ」が終了しました。
見に来ていただいた皆さま、本当にありがとうございます。

とても繊細でありながら圧倒的であることは、
とてもシンプルでありながら複雑であることは、
皆さま、本当に皆が藤岡君の作品に驚嘆していたことからも分かります。
10年くらい前に熊本にいらした方から藤岡君の作品を紹介していただいて、
一目で大好きになって、いつか展示したいと思っていたので万感の思いです。

それと今回は「線が際立つ展示」というテーマで山﨑さんと作り上げた展示空間が非常に成功していたのではないかと思っています。繊細さ、静寂、軽やかさといった作品の印象も空間の印象そのままつながっていました。
山﨑さんとはワークショップとかライブとかうさぎ!とか楽しい夏の思い出をたくさん作ることができましたが、なかでも彼女が朗読した『さらば雑司ヶ谷』は忘れられません。

藤岡君はこれから埼玉、東京、オーストリアでの展示が控えているそうです。
山﨑さんは9月に上田のイベント「ロッピス上田」に出品するとのことです。
今後も目の離せないお二人です。