2015年12月22日火曜日

2015アノニム展 終了しました

本日をもちまして「2015アノニム展」および2015年の営業が終了しました。

今年を振り返って、いろいろなことを思う今日この頃です。
ただただ感謝でいっぱいです。
本当にありがとうございます。

そして、2016年に向けて動き出している今日この頃でもあります。
来年もアノニム・ギャラリーをどうぞよろしくお願いします。

2016年1月・2月は冬休みをいただきますが、
たなびくヨカポイカは相変わらずボチボチと更新していく予定です。






2015年12月21日月曜日

2015年の宝物

ARAKI ShinさんのCD「PRAYER」です。


これから先、よい時もつらい時もくり返し聴き返すことと思います。

うまく言い表せないですが、じんわり、じーん、あー生きててよかったって思います。

2015年12月20日日曜日

年の瀬

年内の営業も本日を含めてあと3日となりました。
昨日は夕方、ローリング市場にまたまたたくさんいただきました。
骨董好き、布好きの方には心躍る内容です。




そして、開催中の「2015アノニム展」。
小口緑子さんは今回のために、トランク型ギャラリーを用意してくれました。
トランクの中のギャラリーを見るためには100円でチケットを購入します。
そして、チケットとともに渡されるのはトランクの鍵。
トランクギャラリーを見た方の反応は、
緑子さんの作品を知っている方が見た場合は「おおー」とうなる感じで、
知らない方が見ると「わははー」と笑いがおきる感じで、
その反応の違いが楽しいです。
いずれにせよ、緑子さんがしつらえた秘密の世界をのぞき見する行為は
それだけでわくわくさせると思います。
目撃していただけたら嬉しいです。

お待ちしています。



2015年12月19日土曜日

12月の本棚

毎月一つのテーマで本を集めた「今月の本棚」のコーナー。
12月は武藤桂子(岡埜葡萄)さんによるセレクトの「誘惑する植物たちの本棚」です。

今月も非常に興味深い本ばかりなのですが、
人から借りた本、図書館から借りた本など常に5冊くらいを並行して読んでいたので、
なかなか12月の本棚の本をいまだがっつり読むことができていなくて残念です。
でも、この冬読む本がなくなったら、いつでもこの本棚リストに立ち返って読めると思うとうれしいです。
せめてもの思いで、美しい押し植物(押し花ならぬ)の写真集『the Pressed Plant』や白洲正子の『花』をぱらぱらぱらぱら眺めていました。とても素敵です。
それと、レオ・レオーニの本は、全く用途のないものを最も難しい方法で精巧に作る職人みたいな本気さとさらっとやってのける頭の良さに感動するのでおすすめします。段違いです。

今月は22日(火)までの営業ですので、22日までご覧いただけます。
武藤さん、すらすらすら~と口から面白い話が飛び出してくる方です。










12月の本棚「誘惑する植物たちの本棚」
1.『本草家カルペパー ハーブを広めた先駆者の闘い』ベンジャミン・ウリ-著、高儀進訳
2.『シェイクスピアの香り』熊井明子
3.『植物学のおもしろさ』本田正次著
4.『読むハーブは美味しい 香草の手帳』金城盛紀著
5.『平行植物』レオ・レオーニ著、宮本淳訳
6.『空間の神話学 玩具・庭園・劇場』海野弘著
7.『都市の庭、森の庭-未知なる庭園への旅-』海野弘著
8.『博物学の世紀(NHK市民大学)』荒俣宏著
9.『ユリイカ 2008年1月号 特集*南方熊楠』
10.『英米文学植物民俗誌』加藤憲市著
11.『the Pressed Plant』Andrea DiNoto & David Winter
12.『シェイクスピアのハーブ』熊井明子著
13.『花』白洲正子著
14.『ハーブ図鑑110 栽培と利用法の実践ガイド』レスリー・ブレンネス著、槇島みどり訳
15.『ウィリアム・モリス ステンドグラス・テキスタイル・壁紙 デザイン』
16.『植物図鑑』有川浩
17.『ビンゲンのヒルデガルドの世界』種村季弘著
18.『薔薇のイコノロジー』若桑みどり
19.『「秘密の花園」ノート』梨木香歩著
20.『玩草亭 百花譜 福永武彦画文集』上巻・中巻・下巻
21.『官能の庭 マニエリスム・エムブレム・バロック』マリオ・プラーツ著、若桑みどり・森田義之・白崎容子・伊藤博明・上村清雄訳




2015年12月11日金曜日

2015アノニム展 はじまりました


本日より「2015アノニム展」はじまりました。

昨日、今年開催した各展示についてのコメントを書くためにいろいろと思い出していました。


例えば、「新しい風景 自分の部屋」展のDMについて。
「新しい風景 自分の部屋」は私が企画して、4人の作家に参加をお願いして実現した展覧会です。
DMは私の友人でシンガーのPersicumさんが制作してくれました。
彼女はデザイン経験はなく、DMのデザインは今回が初めてということですが、
なんというか、ものすごいものを作ってくれました。
シンプルかつ、物の見方がサッと180度転換する感じというか。脳がでんぐり返しするみたいな。
おそらくきっとデザイン系のソフトは使っていなくて、書類を作成するようなソフトだと思うのですが、
発想でデザインを生み出しています。
PersicumさんのデザインしたDMも展示してますのでぜひ見て頂けたらうれしいです。


また例えば、今年始めた定期イベントに「うさぎ!の読書会」がありますが、
他にも実は「れきしる会」というのもあって、これは第1回を5月に開催して、2回目の予定はまだ立っていません。
1回目に参加してくださった青木さんはアノニム・ギャラリーに来るたびに
「次のれきしる会はいつー?」と聞いてくださるのですが、
「れきしる会は年1回のイベントになりました」と冗談を言ってはぐらかしています。
「れきしる会」を企画する山田さんが東京在住ということもなかなか次が決まらない理由といえます。
次はいつあるのでしょうか。
れきしる会について→
ちなみに、第1回目は1980年代をテーマとしたのですが、「使い捨てカメラが世に出てきたのが1980年代だったよね」という指摘から、今に続く「使い捨て文化」の感覚が一般化されてきたスタート地点が1980年代だったという一面を改めて考えることができました。映画や演劇、流行歌の話もしましたが。






2015アノニム展
12月11日(金)-22日(火)
10:00-17:00 水・木曜休み

今年アノニム・ギャラリーで開催した展覧会の出品作家より、少しずつすべて作品をご覧いただける、今年一年を振り返る展示です。

<出品作家>
湯田坂昌子 「まさこさんのnit」
小口緑子 「ワンペア ある形・なし形」
石田冲 「Noboru Ishida Exhibition」
伊藤益郎・小方英理子  「馬と馬具にまつわる展覧会」
山田衣 「2015 s/s collection ・ a/w collection」
伊藤裕 「ジェットコースターと富士山」
松下美沙 「ふみとふとふとふむ」
小口純也・Aidan Kirkbright・喜多村みか・野村剛 「新しい風景 自分の部屋」
藤岡祐機・山﨑美帆 「やさしい線と紙とはさみ」
宮坂了作 「A文字焼きから43年目の宮坂了作」
gecko 「冬支度」
Tapetelana 村井由美子 「メキシカンタペストリーと手織り小物」





2015年12月10日木曜日

お知らせいろいろ

8日をもちまして、「大ローリング市場」終了しました。
今までしっかりと飾ってあげる機会を持てずに見向きもされなかった「もの」が
きれいに飾られて、喜ばれてもらわれていく姿は、
我が子がお嫁に行くみたいな結構感動的な展覧会でした。



*     *     *


明日からは今年を振り返る「2015アノニム展」がはじまります。
今年開催した展覧会から少しずつすべての作家の作品を展示して振り返ります。
店主の一言コメントも一緒に展示します。
企画意図や私の個人的な感情など、ざっくばらんに、だけど心を込めて、手紙を書くみたいに書きました。



*     *     *


そして、今週末13日(日)15時からは今年最後のアノニム塾を開催します。
テーマは「Sarkis」です。
Sarkis、前回のアノニム塾でも少し触れましたが、今回は特集します。
作品も素敵、作家の在り方としてもとても素敵な作家である予感がします。
我が道を歩んでいながら、アノニム塾でもしばしば出てくる「態度がかたちになるとき」展や「大地の魔術師」展など世界的に重要な展覧会に出品しています。


*     *     *


それから冬の営業について聞かれることが多くなってきましたので、
冬の営業と休業についてお知らせいたします。
12月は22日(火)まで営業して23日(水・祝)から冬休みをいただきます。
そのまま来年1月と2月は冬休みをいただきます。
2016年は3月より営業をする予定です。

アノニム・ギャラリー年内の営業はあと2週間となりました。
なにかと忙しい時期だと思いますが、ゆっくり本でも読みに来ていただけたら嬉しいです。

みなさまのお越しをお待ちしております。






2015年12月5日土曜日

おとしもの





ギャラリー横の西側の駐車スペースに落ちていたそうです。


よろしくおねがいします。

2015年12月1日火曜日

12月の営業







12月になりました。
最近シシ神様を思わせる首回りが毛むくじゃらのどっぷりとしたねこが頻繁にやってくるようになりました。ずいぶんとあたたかそうですね。



〇12月の展覧会〇

◇開催中~12月8日(火) 大ローリング市場 展

◇12月11日(金)~22日(火) 2015アノニム 展



大ローリング市場展はふたを開けてみたら、いろいろな人の視点によっていろいろな「もの」が新しい切り口をもたらされて、これは「美しさはあなたの目の中に」展(昨年アノニム・ギャラリーで開催)の続編でもあると思いました。多くの方にご覧いただけたら嬉しいです。お待ちしています。



〇12月のお休み〇
2, 3, 9, 10, 16, 17, 23~31
水・木曜は定休日です。23日以降は冬休みです。




美術評論家・小倉正史さんによる月1回の現代アート講座「アノニム塾」。
日時:12月13日(日) 15:00- 
場所:アノニム・ギャラリーのカフェスペース
受講料 投げ銭制(千円くらいだとありがたいです)
アノニム塾についてはこちら→



〇12月の「ローリング市場」〇   ローリング市場は毎月第3日曜です
日時:12月20日(日) 10:30-15:00 
場所:アノニム・ギャラリーのはなれ(2階)
ローリング市場についてはこちら→


〇12月の本棚〇
毎月一つのテーマで本を集めた「今月の本棚」。ブックセレクト人は毎月変わります。
12月のセレクターは武藤桂子(岡埜葡萄)
さんです。
本棚のテーマは「誘惑する植物たち」
武藤さんの近況としましては、
冬枯れの森が夢を見る季節。
緑濃き草花の香しい香りの記憶を導(しるべ)として、この冬も読書する愉しみにどっぷり耽溺したいと考える今日この頃です。
ゆっくりのんびり、とろとろと燃える火のそばで過ごす冬の時間。
黒パンとチーズを変わりばんこに齧り、ワインを傾けながらまだ読んでない本と、もう読んだけれどもう一度読みたい本に囲まれて過ごす至福のひととき・・・・と言いたいところだけれど、どうしてこんなに忙しいの?!
ということです。
いつも楽しいお話を聞かせてくださる武藤さんの本棚は、ヒルデガルドの本、庭、薬草、ハーブに関する本、アート本、博物学の本など、やはり気になる本がたくさんあります。


アノニム・ギャラリー年内最終営業日は12月22日(火)を予定しています。