2016年4月29日金曜日

途方にくれるほどY・S はじまりました








本日より「途方にくれるほどY・S」展が始まりました。

長野県上田市に風の工房という福祉施設があり、そこに通って絵を描いているのがY・Sさんです。

途方にくれているのはY・Sさんではなくて、Y・Sさんのまわりのみなさん。

Y・Sさんが持つこだわりがあまりに一貫していて、明確で、日々の些細な部分にまで浸透している
ので、感心するあまり、途方にくれています。

「途方にくれる」はここでは褒め言葉です。
私は感動をすると、よく途方にくれてしまうのですが、みなさまはいかがですか。

7日にはアノニム・ギャラリーの庭でむらさき昼食会とライブペインティングのイベントがあります。

Y・Sさんとは何者かをぜひご覧ください。


2016年4月28日木曜日

途方にくれるほどY・S 4/29fri.-5/17tue.

2016年4月29日(金・祝)-5月17日(火)
11:00-18:00
水・木曜休み
企画・お問い合わせ:社会福祉法人かりがね福祉会 風の工房(tel.0268-72-2151)












上田のまちが大好きです。だからテレビは1チャンネル(上田ケーブルテレビジョン)しか見ません。福昇亭が好きです。ラーメンを食べます。特別な日にしか食べに行かないよ。サントミューゼもいいね。市役所がある通りが一番好きです。海野町商店街にあるじまん焼きもいいね。紫色の食べ物はグッとくる。うなぎもいいね。黒いてかてかしたのもグッときます。紫色にもグッとくる。3・4・5月は全身紫、そしてスカイラインを毎日描く。つまり3・4・5月にグッとくるんです。4月は工〇静香と織田〇二、5月はアント〇オ猪木を描くと決まっています(誕生日だから)。Y・SはどこまでいってもY・Sでそれは他者から見ると途方にくれちゃうほどに、Y・Sは毎日Y・Sなのだ。




イベントあります!
「Y・Sとあなた」
日にち:2016年5月7日(土)

①「Y・Sとむらさき昼食会」 12:00-13:30
Y・Sと一緒にむらさき弁当を食べる楽しい会食。珈琲もつきます。
会費:1500円 *要予約 先着5名様に限らせていただきます。
ご予約の方は①お名前②参加人数③電話番号を明記の上、art-kaze@ued.janis.or.jpまでご連絡ください。

②「Y・S アントニオ猪木を描く」 14:00-15:00
Y・Sにとって年に1回しかないアントニオ猪木を描く日。
どなたでもご自由にご覧頂けます。





2016年4月26日火曜日

清水京次展 前編終了しました


本日をもちまして「清水京次」展の前編が終了いたしました。

後編は5月20日(金)からです。

作品はすべて入れ替えをする予定です。

後編もお待ちしております。



2016年4月25日月曜日

ウクレレ

アノニム・ギャラリーの庭で、
初心者向けのウクレレ教室とミニライブを行います。
教えてくれるのはJuneさんです。


*     *     *


ウクレレ弾き語り
Juneのワークショップ&ライブ

*日時
5月21日(土)
14:00~15:15 ワークショップ
15:30~16:10 ミニライブ

*場所
アノニム・ギャラリーの庭

*料金 
¥2000(1ドリンク付)→ワークショップ参加者
¥1000(1ドリンク付)→ライブのみ観覧の場合

*持ち物
筆記用具、お持ちの方はウクレレ

※ワークショップは予約優先になります。今回は定員5名様まで。
※初心者向け・ウクレレ弾き語りのワークショップです。
※ウクレレの貸し出し可。ご希望の方はご予約ください。

【ご予約・お問合せ】


*     *     *


陽気がよく、一昨日あたりから縁側の窓を開け放っています。
風にのって、ウクレレの音色が聞こえてきたら・・・
想像するだけでここちよいです


















2016年4月16日土曜日

明日のアノニム塾



明日の17日(日)は15時より小倉正史さんのアノニム塾があります。
今回のテーマは「今日のアートの状況」です。
「今日」とは日々更新されていくものですが、「今日」のなかでも、より最新版の「今日のアートの状況」の一面だろうと思われます。
と、ハードルを上げてみました。

お待ちしております。









余談ですが、先週御柱祭に参加して、くたくたになって、たくさん眠って起きた翌朝に、
ふと透明の丸い玉のイメージ(宙に浮いていて回転している)が頭に浮かんで、「透明の丸い玉になりたい」ということを人に言っていたら、先日岡谷のとある神社で透明の丸い玉(ビー玉)と、古銭(本物だという人もいれば偽物だという人もいる)と、ぴかぴかの黒曜石を見つけたのでした。
本当にびっくりしました。




2016年4月15日金曜日

清水京次展 前編 はじまりました

本日より「清水京次展」前編がはじまりました。








今回は清水さんからのご依頼で、作品の選択と額入れ、展示構成まですべてをお任せしたいということで、膨大な数の作品を持ってきていただいて(45年分くらいでしょうか)、選んで選んで展示させていただきました。

二部屋を使っての展覧会ということでしたので、一部屋はモノクロのドローイングと彫刻、
もう一部屋に彩色された絵画を展示しました。

清水さんは絵画(二次元)を描くために彫刻(三次元)を勉強しようと大学から彫刻を専門にされてきたとのことですが、今回の展示は初めて絵画作品がメインの展覧会となります。

前編は今月26日までで、次は他の作家さんの展覧会をはさんで、そのあと5月後半より後編へと続きます。前後編で作品の入れ替えをします。


皆さまのお越しをお待ちしております。








2016年4月14日木曜日

清水京次展 前編 4/15 fri.- 26 tue.

2016年4月15日(金)-26日(火)
11:00-18:00(最終日は17:00まで)
水・木曜休み
企画:清水京次  構成:アノニム・ギャラリー



茅野市出身、在住の清水京次(正しくはくさかんむりに京と書きます)さんの展覧会。
専門は彫刻ですが、今回は初めて絵画を中心とした展覧会となります。
大阪芸術大学時代のデッサンから現在の水彩画、墨画、ペン画など、幅広い作品をご高覧ください。

後期は5月20日(金)-31日(火)となります。





2016年4月13日水曜日

さとうゆき 山の息吹と行き会う唄と音展終了しました

さとうゆきさんの「山の息吹と行き会う唄と音展」が終了しました。
多くの皆さまにご来場いただきましてありがとうございました。

京都からはるばるやってきたさとうゆきさんは御柱祭も楽しまれたようで、最終日には御柱祭の絵も追加されました。

さとうさんと話してみてほしいなーという方が見に来てくださって楽しい化学反応が起こる瞬間が何度かありました。

一番魅力的な展覧会だったとおっしゃってくださったお客さまもいました。

私的にはさとうさんの子どもの頃のお話とお土産にいただいたお手製のシュークルートに感激いたしました。
それと、さとうさんは(さとうさんの描く)動物に似ていると思いました。



2016年4月1日金曜日

さとうゆき 山の息吹と行き会う唄と音展 はじまりました


本日よりさとうゆきさんの「山の息吹と行き会う唄と音」展が始まりました。

さとうさんはこれまでユダヤの伝説に出てくるソロモン72柱という力ある悪魔(魔神)を
全員(神様の単位は1柱2柱・・・と数える!らしい)描いてきたそうです。

そして今回は、オリエントからのパレードということで、
ペルシャ(イスラム)の詩集「ルバイヤート」(オマル・ハイアム著)からのモチーフや日本の神様と精霊を織り交ぜて、正倉院の宝物をイメージした作品展となっています。








さとうさんは小学生時代に粘菌を育て、粘菌研究会に入っていたり、
大学時代にはおばけや妖怪を研究して、卒論が河童について書いていたり、
フランスに料理の勉強をしに留学していたり、
興味深いお話が出てきて楽しいです。

最終日12日も在廊される予定です。
ちなみに、最終日12日は15時より古楽器奏者の立川叔男さんの演奏会が特別に催されます。
フリーライブとなります。ご自由に、お気軽にお越しくださいませ。

御柱の帰りにも、そうでなくても、
皆さまのお越しを、だいたい30柱くらいの神様がお待ちしています。