2016年5月31日火曜日

清水京次展 後編 終了しました

清水京次展が前後編ともに終了いたしました。

多くのお客様にお越しいただきまして、

誠にありがとうございました。






2016年5月30日月曜日

6月の営業








〇6月の展覧会〇
◇6月3日(金)~21日(火) 硝子の箱とかたつむり 展 詳しくはこちら→

◇6月25日(土)~28日(火) anonym gallery collection(通常営業)


〇6月のお休み〇
1, 2, 8, 9, 15, 16, 22, 23, 24, 29, 30
水・木曜は定休日です。24日(金)は臨時休業をいただきます。



〇6月のイベント〇
「硝子の箱とかたつむり」展 ワークショップ*硝子箱を作る
先生:石田冲
日時:6月11日(土)13:00-
参加費:¥3,500(材料費込)
定員5名(ご予約優先)
お問い合わせ:0266-75-1658(アノニム・ギャラリー)



〇フラダンス教室「Mikinolia ミキノリア」〇 ※5月より新たに始まりました!
月2回のフラダンス教室。晴れた日にはアノニム・ギャラリーの庭で踊ります。
講師:春原薫
日時:6月7日(火)10:00-12:00、6月28日(火)15:00-17:00
場所:アノニム・ギャラリーの庭
受講料:月4000円(1回のみなら2000円)


美術評論家・小倉正史さんによる月1回の現代アート講座「アノニム塾」。
日時:6月19日(日) 15:00- 
場所:アノニム・ギャラリーのカフェスペース
受講料 投げ銭制(千円くらいだとありがたいです)
アノニム塾についてはこちら→




〇6月の「ローリング市場」〇   
ローリング市場は2016年よりアノニム・ギャラリーのはなれ(2階)で常にご覧いただけるようになりました。一生懸命、店舗化しましたので、ぜひご覧ください。
ローリング市場についてはこちら→


〇7月のウクレレ弾き語り Juneのワークショップ&ライブ
日時:7月2日(土) 14:00~15:15 ワークショップ
          15:30~16:10 ミニライブ
場所:アノニム・ギャラリーの庭
料金:¥2000(1ドリンク付)→ワークショップ参加者
   ¥1500(1ドリンク付)→ライブのみ観覧の場合
持ち物:筆記用具、お持ちの方はウクレレ

※ワークショップは予約優先になります。
※初心者向け・ウクレレ弾き語りのワークショップです。
※ウクレレの貸し出し可。ご希望の方はご予約ください。

【ご予約・お問合せ】  flysister42@gmail.com



〇6月の本棚〇
毎月一つのテーマで本を集めた「今月の本棚」のコーナー。
6月の本棚は高瀬美香さんのセレクトによる「硝子の箱とかたつむり展を楽しむための参考資料」をテーマにした本棚です。おそらく、鉱物やかたつむりの本など。展示と合わせてお楽しみください。









*     *     *



2016年より営業時間が11:00~18:00となっております。

皆さまのお越しをお待ちしております。




2016年5月28日土曜日

5月の本棚

毎月一つのテーマで本を集めた「今月の本棚」のコーナー。
5月は版画家の太田二郎さんによる「身体から自分を知る楽しみ」をテーマにした本棚でした。


5月の本棚「身体から自分を知る楽しみ」

1.『鳥の手帖』浦本昌紀監修、尚学図書・言語研究所編集、小学館

2.『野の草の手帖』大場秀章監修、尚学図書・言語研究所編集、小学館

3.『鍼灸臨床医典』間中喜雄著、医道の日本社

4.『薬が病気をつくる』宇田川久美子著、あさ出版

5.『毒と私』由井寅子著、幻冬舎

6.『注文の多い料理店』宮沢賢治作、味戸ケイコ画、岩崎書店

7.『お化けの世界』坪田譲治著、ポプラ社

8.『白いオウム』椋鳩十著、ポプラ社

9.『最新鍼灸医学摘要』柳谷素霊著、東洋鍼灸専門学校

10.『永平寺傘松閣天井繪』馬来田愛岳監修、大本山永平寺・鈴木祖光発行

11.『秘方一本鍼伝書』柳谷素霊著、医道の日本社

12.『馬療鍼灸撮要』平安隠士・泥道人識著、医道の日本社、1760初版、1976復刻

13.『心と体を癒すホメオパシー』由井寅子著、ホメオパシー出版

14.『虫といっしょに庭づくり』ひきちガーデンサービス著、築地書館

15.『ネコを旅して英国ぐるり 英国ネコまみれ紀行』石井理恵子著、新紀元社

16.『蔓延する心の問題は「ゆる体操」で解決できる!』高岡英夫著、日本実業出版社

17.『ホメオパシー in japan』由井寅子著、BABジャパン出版局

18.『分冊 解剖学アトラスⅠ』越智淳三著、文光堂

19.『センター・体軸・正中線』高岡英夫著、ベースボール・マガジン社

20.『高岡英夫の歩き革命』高岡英夫著、学習研究社

21.『雑草と楽しむ庭づくり』ひきちガーデンサービス著、築地書店

22.『神田古本まつり 特選古書即売展出品目録』(平成22、26、27年のもの)


*     *     *


4月に太田さんとお会いした時には、『デュシャンは語る』を読んでいるという話をしていました。
私も好きな本で、それを聞いて、もう一度読もうと思って、ぱらぱらと読み返しました。
心に引っかかるデュシャンの言葉はそのときどきによって変わりますが、今の私にぐっときたのは以下のような言葉でした。

「まさにいま問題になっている傑作というのは、観客によって決定的に宣告される」というところから「この見る者の社会のせいで作品がもつようになった広告的な側面に、私はいささかうんざりです。見る者は、ノーマルな、まあ少なくともノーマルと言われているような流通過程に無理に作品を入れようとします。見る者の群れは、絵描きの群れよりずっと強力です。」という、p.145-146のあたりです。


デュシャンがルーブルにあまり行かないのは、「問題にされたことなど一度もなかったけれども、実はそこに展示されえたかもしれないほかのタブローではなくて、あれらのタブローがルーブルに飾られるようにと決めたその判断の価値に対して、私が疑いをもっているから」らしいです。

太田さんの本は馬用の鍼灸の本『馬療鍼灸撮要』が図入りでとってもおもしろかったです。










2016年5月26日木曜日

今週末

先週末の晴れた日に、ほっかむりをしたおばあさん1人と小学生くらいの子どもが4,5人、軽トラックの荷台に乗っている光景が目の前を通り過ぎていきました。だれも騒ぐことなく静かで、日常なのだなと思いました。



*     *     *


先週末アノニム・ギャラリーでは、Juneさんのウクレレワークショップ&ライブとアノニム塾がありました。



アノニム塾では、オープニングアクトとして小倉正史さんの友人である白木聖子さんが蔵の前でおどりを披露してくれました。




踊りの痕跡。
塾では、今パリで開催されているジャン=ユベール・マルタンがキュレーションした展覧会「カランボラージュCarambolages」展について細かく作品を見ていきました(小倉さんが図録を取り寄せていました)。







*     *     *


そして、今週末は明日27日(金)10:00からフラダンスの教室「Mikinolia」があります。
始まりと終わりに素敵なお祈りを唱えます。
気になる方はぜひ。見学だけでもどうぞ。

日時:5月27日(火)10:00-12:00
場所:アノニム・ギャラリーの庭
受講料:月4000円(1回のみなら2000円)
持ち物:水分、筆記用具、パウスカート(お持ちでない方には貸出いたします)



29日(日)には久しぶりに「うさぎ!読書会」があります。
今年は昼間に行います。15時からです。

<うさぎ!読書会 ―第7話―>
『子どもと昔話』に連載中の「うさぎ!」(小沢健二著)を1話ずつ読み深める会です。 
日時:5月29日(日) 15:00- ※昼間になりました! 
場所:アノニム・ギャラリーの庭かカフェスペース 
参加費:500円(珈琲とおかし付きます)


2016年5月20日金曜日

清水京次展 後編 はじまりました










本日より「清水京次展」後編がはじまりました。

前編では会期中に作品を少し入れ替えましたが、後編でも会期中に作品を入れ替えることもありそうです。たくさんの作品を多くの人に見ていただきたいという思いからです。

今日は午前中近くの小学校の隣の畑で、高学年くらいの子どもたちが鍬で耕していた姿がとても良く(あまりに良すぎて写真を撮るのをためらってしまったのですが)、
そういえば、本業を農業とする清水さんも今日小学生たちに畑で指導するといっていました。

前編では、清水さんが畑を始める方に農業指導?することになったり、古民家を探している方に物件を紹介することになったり、面倒見の良さを発揮していました。

お客様に会うのを恥ずかしがってあまり在廊されませんが、いつも農協のキャップに、土のついた長靴の農家ルックで来てくださるので、そんな方がいたらそれが清水さんです。




*     *     *



明日21日(土)はJuneさんのウクレレライブがアノニム・ギャラリーの庭であります。
15:30からです。1drinkついて¥1500です。
明日は天気も良さそうで、のんびりJuneさんの歌声に浸りたいところです。
皆さまのお越しをお待ちしております。








2016年5月19日木曜日

清水京次展 後編 5/20fri.-31tue.

2016年5月20日(金)-31日(火)
11:00-18:00(最終日は17:00まで)
水・木曜休み
企画:清水京次 



茅野市出身、在住の清水京次(正しくはくさかんむりに京と書きます)さんの展覧会。
専門は彫刻ですが、今回は初めて絵画を中心とした展覧会となります。
ぜひご高覧ください。








2016年5月17日火曜日

途方にくれるほどY・S展 終了しました





「途方にくれるほどY・S」展が終了しました。

比較的無名の絵描きであるY・Sさんのことを、その細かいこだわりを、多くの皆様に知ってもらいたいと思っていたので、いろいろな方にお伝えすることができて嬉しいです。

Y・Sさんのいる上田市の「風の工房」は10年くらい前に何度か滞在させていただいたことがあり、
本当に自由でのんびりして肩ひじ張らずにあるがままにあって、天国みたいなところだと思いました(一時的な滞在なので誇張があるかもしれませんが)。
今は内容がだいぶ変わったみたいですが、今回の展覧会を通して、
今の風の工房は今の風の工房でやはりすごいところだし、今後ますます「途方にくれる」ことになっていく兆しを感じました。




2016年5月8日日曜日

Mikinolia

アノニム・ギャラリーで、月2回のフラダンス教室「Mikinolia ミキノリア」が5月より新たに始まります。晴れた日にはギャラリーの庭で踊ります。

講師:春原薫
初回日時:5月10日(火)10:00-12:00
場所:アノニム・ギャラリーの庭
受講料:月4000円(1回のみなら2000円)
持ち物:水分、筆記用具、パウスカート(お持ちでない方には貸出いたします)

見学自由。
お気軽にご参加ください。



2016年5月7日土曜日

Y・Sとあなた 開催しました


Y・Sさんのむらさき昼食会とライブペインティングのイベント「Y・Sとあなた」開催しました。
お天気も良く、なごやかな一日となりました。

Y・Sさんは初めて会う人に必ずする質問があるそうです。
それは、
名前は何ですか
誕生日は何月ですか
紫は何番目に好きな色ですか
の三つです。

時たまバイクでやってくるロン毛のビーズ作家の朝比奈さんが、
「紫は何番目に好きな色ですか」と聞かれて答えたのが、
「紫といってもいろいろな色があるからなー。どの紫ですか?」でした。
Y・Sさんはさらに「おれは紫全部すき」と答えていました。

ライブペインティングでは、古楽器奏者の立川叔男さんによる演奏のコラボもあったり。
老いも若きもいろんな人がいて、不思議な、面白い空間でした。

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。









2016年5月6日金曜日

明日はY・S・D

今週の火曜日に展示中のY・Sさんの映像が届きました。
彼の制作風景と、Y・Sさんが撮影した大好きな上田のまちのドライブレコーダーの映像です。
ぜひご覧ください。





明日7日はY・Sさんがアノニム・ギャラリーにやってきて、
むらさき昼食会とライブペインティングがあります。
Y・S・Dayです。

むらさき昼食会はまだ若干予約ができるようです!
気合を入れて、紫色の食材を買い込み、どきどきしながら紫の料理を考えています。
ドレスコードは3~5月は紫色の服しか着ないY・S氏に合わせて紫色か青色の服です。

ライブペインティングは14時からで予約は不要です。

晴れたらお庭で、雨ならカフェスペースで、開催します。

ぜひお越しください。



2016年5月3日火曜日

GW

茅野は今日から3日間、御柱祭の里曳きですね。

アノニム・ギャラリーは明日4日と明後日5日は水・木曜日の定休日となりますので、お休みをいただきます。よろしくおねがいします。


*      *      *


GWの前半は姉の家族が来て、蔵の裏地を開墾して、畑にしてくれました。

わたしは姪のたまきと、いかに彫刻と一体化して写真が撮れるかの遊びをしていました。
顔はめ写真みたいに。








もうひとつ自分でも小さな畑を開墾しました。
今年は畑をするために営業時間を1時間ずらしたので、奮闘したいと思います。


そういえば、4月26日にアノニム・ギャラリーが4年目を迎えました。

これまで関わってくれたすべてのみなさま、
これから関わるすべてのみなさま、
遠くからそっと見守って下さっている方々、
本当にありがとうございます。
とおい町まで、
分かりにくいかもしれない道を通って、
来てくださりありがとうございます。
これからも、寄り道をしながら、お越しいただけたらうれしいです。

4年目のアノニム・ギャラリーもどうぞよろしくお願いいたします。




2016年5月1日日曜日

5月の営業







5月になりました。

6月にかたつむりにまつわる展覧会をしようと思っているところ、
ギャラリーの前の道でかたつむりの殻を拾いました。



〇5月の展覧会〇
◇開催中~17日(火) 途方にくれるほどY・S
詳しくはこちら→

◇5月20日(金)~31日(火) 清水京次展 後編





〇5月のお休み〇
4, 5, 11, 12, 18, 19, 25, 26
水・木曜は定休日です。GWも水・木曜はお休みをいただきます。




〇5月のイベント〇
◇途方にくれるほどY・S展関連イベント「Y・Sとあなた」
 日にち:2016年5月7日(土)
 場所:アノニム・ギャラリーの庭

①「Y・Sとむらさき昼食会」 12:00-13:30
Y・Sと一緒にむらさき弁当を食べる楽しい会食。珈琲もつきます。
会費:1500円 *要予約 先着5名様に限らせていただきます

ご予約の方は①お名前②参加人数③電話番号を明記の上、art-kaze@ued.janis.or.jpまでご連絡ください。

②「Y・S アントニオ猪木を描く」 14:00-15:00
Y・Sにとって年に1回しかないアントニオ猪木を描く日。
どなたでもご自由にご覧頂けます。




ウクレレ弾き語り Juneのワークショップ&ライブ
日時:5月21日(土) 14:00~15:15 ワークショップ
           15:30~16:10 ミニライブ
場所:アノニム・ギャラリーの庭
料金:¥2000(1ドリンク付)→ワークショップ参加者
   ¥1000(1ドリンク付)→ライブのみ観覧の場合
持ち物:筆記用具、お持ちの方はウクレレ

※ワークショップは予約優先になります。今回は定員5名様まで。
※初心者向け・ウクレレ弾き語りのワークショップです。
※ウクレレの貸し出し可。ご希望の方はご予約ください。

【ご予約・お問合せ】  flysister42@gmail.com






〇フラダンス教室「Mikinolia ミキノリア」〇 ※5月より新たに始まります!
月2回のフラダンス教室。晴れた日にはアノニム・ギャラリーの庭で踊ります。
講師:春原薫
初回日時:5月10日(火)10:00~12:00
場所:アノニム・ギャラリーの庭
受講料:月4000円(1回のみなら2000円)
詳しくはまたお知らせできればと思います。





美術評論家・小倉正史さんによる月1回の現代アート講座「アノニム塾」。
日時:5月22日(日) 15:00- 
場所:アノニム・ギャラリーのカフェスペース
受講料 投げ銭制(千円くらいだとありがたいです)
アノニム塾についてはこちら→





〇5月の「ローリング市場」〇   
ローリング市場は2016年よりアノニム・ギャラリーのはなれ(2階)で常にご覧いただけるようになりました。一生懸命、店舗化しましたので、ぜひご覧ください。
ローリング市場についてはこちら→





うさぎ!読書会 ―第7話―
『子どもと昔話』に連載中の「うさぎ!」(小沢健二著)を1話ずつ読み深める会です。 
日時:5月29日(日) 15:00- ※昼間になりました! 
場所:アノニム・ギャラリーの庭かカフェスペース 
参加費:500円(珈琲とおかし付きます)





〇5月の本棚〇
毎月一つのテーマで本を集めた「今月の本棚」のコーナー。
5月の本棚は版画家の太田二郎さんのセレクトによる「身体から自分を知る楽しみ」をテーマにした本棚です3月にアノニム・ギャラリーで開催した「記録の展示」でもお世話になりました「フェンリル通信」の太田さんです。
太田さんの本棚のセレクトに関するメッセージが面白かったので、許可をいただきましたので転載いたします。

「「本棚」の本の選別には、民俗学や歴史関係、妖怪関係などがなくて意外に思われるかもしれませんが、見えない世界と関わる時に一番大切になるのが「身体性」だと思っています。どんなに霊的な力があると自称(笑)する人がいても、頭でっかちの精神論の世界だ
けで妖精や妖怪たちと関わっていると、ちょっと困った現象が生じるように思います。宮沢賢治や椋鳩十や坪田譲治などは、身体性のある作家さんかなあと思い選びました。特に宮沢賢治の身体性はピカイチだと思います!
古本祭りのカタログは趣味です。
永平寺のもちょっと気分転換に入れてみました。
とにかく不思議に聴こえるかもしれませんが、見えないものとかかわる時に一番大切なのは身体だと思います。そのことを何となく間接的にお伝えしたいという感じで本を選びました。」

それから太田さんの近況(ロングバージョン)です。

「最近は裏庭にいる時間が多いです。引っ越してきた当初は裏庭は荒れた斜面で、笹やススキくらいしか生えていない土の露出した庭でしたが、そこにたくさん自分で手を加えて、階段を造り、遊歩道を造り、散策の途中で休める椅子を造りと、今では斜面を立体回遊庭園ふうにしてあります。道々に色々なオブジェがあります。タイル敷きの上の急須とか、木の枝にかぶせてあるガラス瓶だとか、ワイン瓶から出た木の細工だったりです。植物も豊かになり、ツツジ、アゼリア、ヤマブキ、アンズ、イチゴ、ブルーベリー、コケモモ、ブラックベリー、ユキヤナギ、ニシキギ、シバザクラなどなどを植えて育てています。そういった植物やオブジェを観ながら回遊して、時おり椅子に座ってぼんやり裏庭で過ごしております。そして、今一番やっていることが、まだ裏庭の土の力が弱いので、表の庭からクローバーを根こそぎ採ってきて移植をしています。クローバーですら中々根付かない弱い土ですが、このクローバーの移植がとても楽しい作業です」。

このようなことを踏まえたら、太田さんの本棚をのぞき見るのが楽しくなるかもしれません。ぜひ手にとってご覧ください。


*     *     *


2016年より営業時間が11:00~18:00となっております。

皆さまのお越しをお待ちしております。