2016年6月5日日曜日

硝子の箱とかたつむり展 はじまりました

3日金曜より「硝子の箱とかたつむり」展がはじまりました。

石田冲さんの硝子の箱は透明、半透明(模様入り)の古材の硝子のみを使った
ステンドグラスの技法で作られた箱です。

箱は箱でも硝子の箱、しかも透明で中がまる見えの箱があったら・・・
と思いついて、石田さんに作ってもらいました。
大きさ、高さなど同じものはひとつとしてありません。わざと角が一つ欠けているのがあったり、四角い箱なのにふたのみが丸いかたちだったりするものもあります。

DMにも書きましたが、今回の展覧会はウォルター・デ・ラ・メアの「奇妙な店」という短編小説へのオマージュということで企画しました。
「奇妙な店」を読んで、すぐに、こんな展覧会がしたいと思いました。

「奇妙な店」では、聴覚からもたらされる想像力、効果について言われていて、
本展では視覚ということになります。
高瀬美香さんの美しい自然物コレクションをお楽しみください。

「奇妙な店」も読めるように置いておきますので、ご参照いただければと思います。







0 件のコメント:

コメントを投稿