2016年8月29日月曜日

8月の本棚

毎月一人の人間が一つのテーマで本を集めた「今月の本棚」のコーナー。
8月は三桃さんによる「心と向き合う本棚」でした。


8月の本棚「心と向き合う本棚」

1.『考えない練習』小池龍之介著、小学館

2.『ダライ・ラマ 365日を生きる智慧』ダライ・ラマ14世テンジン・ギャツォ著、谷口富士夫訳、春秋社

3.『ゆたかな人生が始まるシンプルリスト』ドミニック・ローホー著、笹根由恵訳、講談社

4.『青春ピカソ』岡本太郎著、新潮文庫

5.『アルケミスト』パウロ・コエーリョ著、山川紘矢+山川亜希子訳、角川文庫


*     *     *

8月はたくさんの本がローリングされてきたり、誕生日でいただいたりして、色々な本を読みました。
その中でも、三桃さんセレクトにある小池龍之介の『考えない練習』、それから平凡社のSTANDARD BOOKSシリーズの『牧野富太郎 なぜ花は匂うか』、それから一番最近読み終えたミシェル・ウェルベックの『地図と領土』はどれも途方にくれるほど面白かったし、人間ってすごいと思いました。
当たり前すぎて言うのもはばかられますが、今まさに、本との出会いって不思議だと思いました。ここでこうして読まなければ一生読んでいないと思うのですが、読むか読まないかでその後の人生が変わっていくと思われるからです。そんな本たちでした。




0 件のコメント:

コメントを投稿