2016年8月27日土曜日

張り子とローリング改装

先日東京の友人が来て、バースデープレゼントにアトリエガングの張り子のお面をいただきました。張り子と言えば、3月の展示でご出品いただいた台所新聞の相澤さんが松本に張り子のお店「おっとぼけ美術館」をオープンされたばかりで、そんなお話をしていたら、当の相澤さんがふらりとお店にやってきて、コーフンの瞬間となりました。






openの看板の下にあるのが、いただいた張り子面。その看板の斜め上にあるのが、相澤さんのモダン張り子です。
張り子でお出迎えの今日この頃です。


*     *     *


そして、不用品を循環させてゆく試みの「ローリング市場」をもう少し見やすくするための改装計画が始動しました。少しずつの歩みとなると思いますが、さらに楽しい市場となるように創意工夫していきたいです。
いらないものがあるよという方はお気軽に持って来てもらえたら、そして、何か足りないものがある方は気軽にふらっと見に来てもらえたらと思います。改装作業を手伝ってくださる方もいつでもお待ちしております!






ローリング市場の看板づくりは、ローリング店内の奥の方にあった飾り用の大皿を見つけたことをきっかけに進みました。友人がフリーハンドでペンキでサササッと描いてくれました。












アノニム・ギャラリーのロゴがローリングしている陶製の看板です。ペンキが少しずつはがれて、地のフルーツ柄が所々顔を出すようになるのが楽しみです。


さらに、はなれの2階の扉を塗装しました。




つづく。


*     *     *


「自然とつながる」展はいよいよ30日(火)までです。

ぜいたくで気持ちの良い展示空間となっておりますので、ぜひお越しください。






0 件のコメント:

コメントを投稿