2017年7月31日月曜日

邂逅 展関連WS 急遽決まりました



***邂逅 展関連イベント「さをり織をつかって糸でコースターを作ろう」***







水溶シートを用い、糸で糸を縫ってコースターを作るワークショップです。
邂逅展 出品作家の久田(伊佐地)さんが製作スタッフとして関わる「風の工房」で作ったフミコさん「さをり織」をアクセントに使います。
世界に一つだけのオリジナルな布が出来上がること、うけあいです。
服や帽子に縫いつけたり、額に入れて飾ってもかわいいと思います。


講師 久田桂子(伊佐地桂子)
日時 8月27日(日)11:30~17:30のあいだ 随時 受け付けています(予約不要)
所要時間は30分
参加費 500円 
作った作品はお持ち帰りいただけます。
お問い合わせはアノニム・ギャラリーまで(0266-75-1658)。











2017年7月30日日曜日

邂逅 nui project(しょうぶ学園) × 伊佐地桂子 展 8/4fri.-29tue.

会期:2017年8月4日(金)ー 29日(火)
11:00-18:00
水・木曜休み 入場無料





伊佐地桂子は1990年代、マテリアルから作る手の込んだシャツを発表していました。

そして、2013年に岐阜県美術館で開催されたヌイ・プロジェクトの展示をみた伊佐地は
そこに「わたしがいる」と衝撃を受けます。





nui project(野間口桂介)

伊佐地桂子


圧倒的なファブリックのマチエールを持つ両者を異なる道筋ではありながらも
同じ強い感覚を持ったものとして展示いたします。






nui project(大田智子)





しょうぶ学園 nui project  (from 鹿児島)
しょうぶ学園では、障がいを持つ人たちの感性あふれる創作の姿勢に魅せられ、芸術・音楽活動を中心に個性的な活動を行っています。工房を利用する人だけでなく、サポートに携わるスタッフも表現者という同じ立場で制作しながら「与えられる側」から「創り出す側」に立つことによって、障がい者、健常者の枠を取り払った対等な関係づくりを目指しています。そうした環境から生まれた作品は、クラフトやアートの世界から高く評価され、開催(出展)する展覧会は国内だけでなく、海外にもおよんでいます。今回はヌイ・プロジェクトの刺繍シャツ作品を展示いたします。








伊佐地桂子




伊佐地桂子(現在結婚して久田桂子)

1968年岐阜県生まれ。文化服装学院在学中に一年間渡仏し、92年同学院ファッション工科専攻科を卒業、<(株)寛斎スーパースタジオ>に入社。94年に独立し、国内各地にてシャツ展を開催。現在は<hicao>名義で洋裁教室の講師、長野県上田市のかりがね福祉会<風の工房>の制作専門スタッフを勤めるなど洋裁家として幅広く活動中。今回は1990年代に制作したシャツ作品を中心に展示いたします。







nui project(高田幸恵)







伊佐地桂子


写真撮影:矢島光明









2017年7月25日火曜日

OLD & NEW yamadengoromoの夏服とeriko ogataのアクセサリー展 終了しました




「OLD & NEW  yamadengoromoの夏服とeriko ogataのアクセサリー展」が終了いたしました。

近くから遠くから、たくさんの皆さまにお越しいただきありがとうございました。








小方さんは8/2(水)から東京・西荻窪の「FALL」という素敵なお店で個展をひかえております。お近くの方はぜひ。


このような繊細で丁寧で静かな作品の展覧会が出来て幸せです。
二人の作品を身につける喜びをこれからもお伝えできますように。


2017年7月21日金曜日

あと5日






yamadengoromoの夏服とeriko ogataのアクセサリー展、あと5日となりました。

これまでもアノニム・ギャラリーで人気のお二人なのですが、今回は透徹した世界観がさらなる進化を遂げている展示となっています。
ぜひお見逃しなく。







そして、23日(日)18:30-は「ミユリと葡萄の賢治夜話」、24日(月)10:00-はフラダンス教室「ミキノリア」があります。


2017年7月12日水曜日

ミユリと葡萄の賢治夜話 7/23 sun.



語りのミユリさんと朗読の岡埜葡萄さんによる宮沢賢治ナイトです。
語りと朗読、どこが同じでどこが違うのか、二人の白熱トークセッションもあります。
お楽しみに。



<出演>
岡埜葡萄 (おかのぶどう) … 諏訪市生まれ。NHK松本文化センター朗読講師。
             高校時代より朗読を始める。故草薙浩二郎氏演出の朗読劇
             に感銘を受け朗読を再開。朗読家中村雅子氏に学ぶ。



ミユリ… 原村在住。瓜生喬氏に師事。伝統的な民話だけでなく、創作民話など
    精力的に活動中。語りはこころの漢方薬。やさしさとぬくもりをお届けします。



<演目>
    よだかの星、なめとこ山の熊、原体剣舞連、雨ニモマケズ、
    朗読×語りについてのトークセッション



日時 : 2017年 7月 23日(日)18:30 start
料金 : 1,500円
場所 : アノニム・ギャラリー

2017年7月9日日曜日

OLD & NEW yamadengoromoの夏服とeriko ogataのアクセサリー はじまりました







「OLD & NEW yamadengoromoの夏服とeriko ogataのアクセサリー」はじまりました。
今回は山田さんと小方さんが二人で展示をしてくれました。
作品も素敵、空間も素敵です。

小方作品の磁土の質感と、山田衣の洋服のカラーと素材感がマッチングしてます。

ぜひお越しいただけましたら幸甚です。



2017年7月6日木曜日

今週末


先日、アドルフ・ヴェルフリ展に行ってきたというお客さまに、どうでしたか?と感想を聞いた際、
「(ヴェルフリの作品が)まるで”絵”みたいに飾ってあったのがね、ちょっと残念だった。作品はよかったんだけど」
と言っていて、いいこと言うなあと思いました。
アール・ブリュットは、
美術ではない何か、アートではない何か、絵ではない何か、彫刻ではない何か・・・・
である、という本分をよく心得ておられるなと思います。


さて、今週末9日(日)は現代美術講座「アノニム塾」が15時からあります。2ヶ月ぶりの今回はヨーロッパから帰国されたばかりの小倉さんによるヴェネチア・ビエンナーレ生報告です。お楽しみに。




2017年7月2日日曜日

OLD & NEW yamadengoromoの夏服とeriko ogataのアクセサリー 7/8sat. - 25tue.

会期:2017年7月8日(土)ー 25日(火)
11:00-18:00
水・木曜休み






山田衣の夏服とeriko ogataのアクセサリーを展示・販売いたします。

山田衣さんは7/8(土)・9(日)に在廊いたします。







yamadengoromo / 山田衣
2006年「山田衣」として活動を始め、大阪・沖縄・長野にて個展、グループ展を行う。
現在は大阪のアトリエで製作中。



eriko ogata / 小方英理子
武蔵野美術大学テキスタイルコース卒業後、2005年より2年間NYに滞在し陶芸を始める。『記憶をとどめる方法』、『素材と生き物の境界線』などをテーマに、黒泥土や磁土を使った彫刻作品を制作する。2013年にはアクセサリーブランド eriko ogataを始め、磁器のブローチやピアス、小皿の制作販売をしている。