2017年9月21日木曜日

吉田智彦写真展 一万日連続登山に挑んだ男 9/22fri.-10/10tue.




会期:2017年9月22日(金)-10月10日(火)
11:00-18:00 水・木曜は休み
入場無料


定年退職した翌日から27年間1日も欠かさず登り続けた老夫、東浦奈良男のドキュメンタリー。



©吉田智彦


■東浦奈良男
1925年、大阪府出身。第二次世界大戦中、疎開先で空襲に遭って焼き出され、両親の故郷、三重県度会郡小俣町(現伊勢市)へ移住。1960年、乗鞍岳で登山の魅力を知り、地元の山と富士山や日本アルプスなど全国の山を登り歩く。1984年に60歳で定年退職後、翌日から連続登山を開始する。登る山を地元と富士山に絞って、目標を一万日とした。
4500日の時に、オペル冒険大賞’96チャレンジ賞を受賞。2011年6月、体調を崩し、連続登山はストップ。記録は9738日だった(27年間。足かけ28年間)。連続以前の登山も合わせて、富士山へ368回登頂している。その後、容体は回復せず、同年12月に没。享年86歳。





■吉田智彦
1969年、東京都出身。20代半ばに勤めていた会社をやめて、ニュージーランド、カナダ、アラスカなど諸国をまわる。カヤックやトレッキングを通じて自然と人間のあり方を考えるようになり、エッセイ、ノンフィクションや写真、絵を発表しはじめる。スペインのサンティアゴ、チベットのカイラス山、インドなど世界の巡礼路を歩き、全熊野古道、四国八十八カ所霊場を踏破。現在は、日本独自の文化に注目し、埼玉県の農村歌舞伎や琵琶湖の沖島を取材している。著書に『熊野古道巡礼』(東方出版)、月刊絵本「たくさんのふしぎ」2009年8月号『おぼん』(福音館書店)など。Website: tomohikoyoshida.net





●関連イベント
八ヶ岳に暮らす写真家・山内悠さんをゲストにお招きし、吉田智彦さんとのトークイベントを開催いたします。
日程:2017年10月9日(月・祝)
時間:16:00〜18:00(予定)

ゲスト:山内悠(写真家) Website: www.yuyamauchi.com



本展facebookページもあります→



ヤマケイオンラインに本展の詳細が紹介されています→


0 件のコメント:

コメントを投稿