2018年4月18日水曜日

出張アノニム・ギャラリー in something tender レプリカレコード展 終了しました



18()をもちまして、出張アノニム・ギャラリー in something tender「レプリカレコード展」が終了いたしました。たくさんの方にお越しいただき本当にありがとうございました。芳名帳に書いてくださったメッセージはこれからも私を勇気づけてくれると思います。素敵な展示の機会をくださったsome-tend本橋さん、心躍る作品を貸し出してくださったMr.Dさんおよびリベルテの皆さま、ありがとうございました&またの機会を楽しみにしています。
そして、Dさんの作品は早速、明日21()にはレコードストアデイに合わせてタワーレコード上田店でも展示されるそうです。


アノニムラジオは学ぶところ多く夢のような時間でした。電波にのらないのに、お葉書も各地の消印からいただきありがとうございました。
第一回放送では、ARAKI Shinさんと本橋さんのサックスデュオあり、「音と言葉の学校」という架空の教養番組コーナーあり、本橋さん渾身のCMもあり。そして、第二回放送は武藤哲也さんと岡埜葡萄さんのリコーダーと朗読のコラボレーションで「あっち」の世界にどっぷり連れ込まれて、トークの時間もお二人が安定した笑いを提供してくださいました。
そして、それぞれのゲストの方がスタジオライブのラストナンバーとして選んだ曲が偶然同じだった(「Body and Soul」というジャズの名曲)という奇跡的一致もありました。それから、DJである本橋さんと私に自己紹介のキャッチフレーズが必要だと話しているそばで、武藤さんが本橋さんには「パーティーグッズの鼻眼鏡」、私には「年齢不詳の永遠の18歳」という素晴らしいキャッチフレーズを授けてくれました。
こんなくだらなくてたのしいことをいつまで続けられるのだろうと思いますが、アノニムラジオ、またいつかどこかでお耳にかかれるとよいと思っています。










0 件のコメント:

コメントを投稿