2018年5月29日火曜日

6月の営業












〇6月以降の展覧会〇

6月1日(金) ― 26日(火) ムゲン 展  →exhibition page

6月29日(金)― 7月3日(火) anonym gallery exhibition

7月6日(金) ― 31日(火) 僕の人形 原田栄夫作品展 



〇6月のお休み〇
6, 7, 13,  14,  20, 21, 27, 28
水・木曜の定休日です。




〇6月のイベント〇
「ムゲン展」関連イベント
□”cucinaにし村” がアノニム・ギャラリーにやってくる
松本のおいしいイタリアン「cucinaにし村」さんがなんとアノニム・ギャラリーに出店しにきてくれます。にし村さんのごはんを食べると体も心も喜びます。”ムゲン”的なワインやソフトドリンク、軽食やおつまみがやってくるとのこと。なぜ「ムゲン展」にcucinaにし村さんなのかというのは後日ブログの中で書きます。アノニム・ギャラリーでにし村さんのお料理をいただく、、、なんて贅沢なんだろう!このスペシャルな組み合わせをぜひお楽しみください。
日時 6月25日(月) 12:00-16:00頃





〇6月の「アノニム塾」〇 
美術評論家・小倉正史さんによる月1回の現代アート講座「アノニム塾」。
講師 小倉正史
日時 6月17日(日) 15:00-
場所 アノニム・ギャラリー
受講料 投げ銭制(千円位だとありがたいです)




〇フラダンス教室「Mikinolia ミキノリア」〇 
月2回のフラダンス教室。晴れた日にはアノニム・ギャラリーの庭で踊ります。
講師  春原薫
日時  6月4日(月) ・ 18日(月) 10:00-12:00    
場所  アノニム・ギャラリーの庭
受講料  2000円/回 お茶付



2018年5月25日金曜日

ムゲン展 6/1fri. - 26tue.



会期:2018年6月1日(金)-26日(火)
11:00-18:00 水・木曜は休み
入場無料




ムゲン展

石田冲 / ふじのえみこ / 星野郁馬





ふじのえみこさんは鉄塔があることで社会とつながっているという。それは、実際に鉄塔写真家としてしか生きられないという彼女の性もあるのだが、電気は愛だというふじのさんの考え方にも通じる。電気や電波は鉄塔によって全国繋がっているそうだ。コンセントにプラグをさせば、それは日本中の鉄塔をめぐりめぐっている電気に通じる(地域によって電力会社が違ってもそこをつなげている鉄塔もあるらしい)すなわち、それは全く知らない人たちとつながる行為でもある。誰かとつながる。誰かと共有している。すなわち、電気は愛だということである。
そんな人と人をつなぐ鉄塔をかわいらしい、いじらしい存在として捉えて、作品にしている。ふじのさんにとって鉄塔は性別で言うと女の子で、「かわいいねー」といいながら撮影する。
さらに、ふじのさんの考えを広げれば、人間は現在の三次元世界では、水力・火力・風力・原子力で電気を発電することしかできないが、いずれ想像力で発電しようとする時代が来ると思っている。その世界では、脳という永遠のコンピューターを使って、時空を超えて電波を届けることができる。それは量子テレポーテーションというらしい。感情や思考やもの、つまり量子が時空を越えて移動するということ。遠く離れた人と会話が出来たり、まだ湯気の立っている暖かい料理を届けられたりする。そんな世界では、もはや鉄塔なんていらなくて、わたしたちひとりひとりが鉄塔みたいになるのかもしれない。その次元の世界では人間は見えないけど存在しているものなのだ、とふじのさんはいうけれど
本展ではふじのさんの鉄塔写真、ふじのさんと石田さんの共同による鉄塔の立体作品、星野さんの多次元立方体を展示します。



ムゲン展 出品作家

□石田冲
1945年福井県生まれ。22歳のときに長野県に移住し、あと放浪、茅野市にいたる。1989年よりステンドグラスを始める茅野の“フォーク・アーティスト”。


□ふじのえみこ   鉄塔写真家/写僧/でんでん商店店主
長野県松本市出身・山形村在住。2012年より鉄塔写真を撮り始める。「鉄塔は人のこころとこころをつなぐもの」を信条に、「鉄塔と自然」や「鉄塔と人々の暮らし」の風景を撮っている写真家


□星野郁馬
1990年新潟県生まれ。大学時代は数学科で高次元幾何学を専攻。大学院では美術科に転科し、美術教育および陶芸を学ぶ傍ら、多次元立方体の鋳造作品等を制作。現在は長野県内の中学校で美術を教えている。





2018年5月22日火曜日

山田衣 展 終了しました



本日をもちまして、今年の「山田衣展」も無事終了いたしました。
おなじみのお客さまも、あたらしいお客さまも、山田(やまでん)ファンが今年もまた増えて、とても嬉しい気持ちです。
お越しいただいた皆さま、本当にありがとうございました。





2018年5月18日金曜日

あと5日




「山田衣」展も残すところあと5日となりました。
ぜひぜひ、お出かけください。








そして、今週末の20日(日)は15時から小倉正史さんの現代美術講座「アノニム塾」があります。今年初の講座です。お気軽にご参加ください。



2018年5月15日火曜日

柴田家の楽しい空間 展 終了しました



15日(火)をもちまして「柴田家の楽しい空間」展が終了いたしました。
お越しいただいた皆さま、本当にありがとうございました。

地元作家さん(下諏訪ですが)ということ、そして地元紙やローカル局にも取材をしていただいたおかげもあり、毎日本当にたくさんのお客さまが来てくださり、アノニム・ギャラリー的には毎日がお祭りみたいな5日間でした。

柴田家のまゆみさん、織江さんには学ぶところも多く、よくしていただき、感謝に堪えません。







そして、会期中、アノニム常連さんの小松さんをモデルに、急遽まゆみさんの服の撮影会をしました(あまりにも着こなしてくれるので)。



2018年5月11日金曜日

柴田家の楽しい空間 始まりました

本日より「柴田家の楽しい空間」展が始まりました。




柴田家のお母さんの方、まゆみさんは着物をリメイクしたドレスやコート、スカートなどを作られています。女性らしいかわいいデザインのものが多く、年齢問わず着ていただける服たちです。全国の百貨店などでもご活躍とのことです。




柴田家の娘さんの織江さんは時計を手づくりされています。
盤面が池になっていて蛙が飛び込もうとしていたり、ミルク皿になっていて猫が飲もうとしていたり、物語性のある作品となっています。


今回はオープン以来初めて奥の展示室を使ったイベントとなるため、普段は開かずの扉も開けています。



15日(火)までです。
ぜひいらしてください。


2018年5月7日月曜日

柴田家の楽しい空間 展 5/11fri.-15tue.

会期:2018年5月11日(金)-15日(火)  ※山田衣展と同時開催となります
11:00-18:00
入場無料






着物リメイク洋服、手づくり腕時計親子展
「柴田家の楽しい空間」








昔懐かしい着物を余す所なく現代の洋服や小物に仕立てた母まゆみと、独特の歪みのあるステンドグラスをはめこんだ手づくり腕時計を生みだす娘織江の親子展です。



★柴田まゆみ
昔懐かしい着物を用いてちょっと遊び心のある洋服に仕立てています。
小物も胴裏を自分で染めて裂編したり、
着物の小さな布部分も装飾品にしたり
余すところなく着物生地で作っています。
作品点数
約80枚

★柴田織江
ステンドガラスを溶かしたり削りだしたりした手づくりの腕時計を制作しています。
物語が始まりそうな時計はつける人の心を和ませてくれます。
ベルトも木版で刷って染めたオリジナルの革のベルトで、
波打つステンドガラスと組み合わせることによってより温かみのある時計になります。
作品点数
約60点


参考ページ
http://olieblog.com/
https://www.froggywatch.jp/



お問い合わせ連絡先
TEL:090-9807-6124(柴田)
MAIL:owl-forest@s4.dion.ne.jp
HP:http://www.froggywatch.jp(織江)

2018年5月3日木曜日

5月の営業









〇5月の展覧会〇

開催中 ― 5月22日(火) 山田衣 2018s/s collection 展  →exhibition page

5月11日(金)-15日(火) 柴田家の楽しい空間 展 →exhibition page
(山田衣展と同時開催)


5月25日(金)―29日(火) anonym gallery exhibition 



〇5月のお休み〇
2, 9, 10,  16,  17, 23, 24, 30, 31
水・木曜の定休日です。




〇5月の「アノニム塾」〇 
美術評論家・小倉正史さんによる月1回の現代アート講座「アノニム塾」。
講師 小倉正史
日時 5月20日(日) 15:00-
場所 アノニム・ギャラリー
受講料 投げ銭制(千円位だとありがたいです)




〇フラダンス教室「Mikinolia ミキノリア」〇 
月2回のフラダンス教室。晴れた日にはアノニム・ギャラリーの庭で踊ります。
講師  春原薫
日時  5月7(月) ・ 21日(月) 10:00-12:00    
場所  アノニム・ギャラリーの庭
受講料  2000円/回 お茶付