2019年11月10日日曜日

村井由美子 手織り展 Tapetelana はじまりました

毎年恒例となりました「村井由美子 手織り展 Tapetelana」がはじまりました。

メキシコ在住の村井由美子さんが一年をかけて制作した手織りのタペストリーやバッグ、クッションカバーが並びます。糸の染め上げから織り、そして成形までを一人で行っています。
今年は紫の同色の染料(草木染め)をいくつか染めた結果、微妙に異なる色合いになったそうで、そちらの糸が使われた大きなタペストリー作品が見物とのことです。







会期は今月26日(火)までです。
村井さんは25日(月)、26日(火)に在廊致します。
メキシコのお話を聞くのも楽しみの一つです。

25日(月)15時からは共通の友人である古楽器奏者・立川叔男さんの演奏会を今年も展示室で催すことになりました。投げ銭制です。お気軽にお越しくださいませ。

皆さまのお越しをお待ちしております。



0 件のコメント:

コメントを投稿