2013年3月18日月曜日

まさかの、壁つくりました

お店となる建物はいわゆる「昔の家」です。
南側の縁側には昭和な雰囲気のサッシのガラス窓がはめこまれていますが、
北側の縁側は障子に雨戸のみ(!)の壁がないという状態でした。
野の者(ねこや鳥)が室内に入った形跡もあります。
そして、壁つくりました。


壁を作るにあたって、まず壁の構造を理解するために、インターネット、雑誌、そして木工職人の友人で「ゴロンドリーナ」の店主・千恵子氏に教えてもらいながら勉強しました。
インターネットではセルフビルドで家を建てられた方などのサイトが大変参考になりました。

それから、どのような壁にするか、窓はどうするか、デザインを練ります。
絵にかいて、必要となる木材の長さや本数を計算します。

実際の作業では、基礎となる根太は千恵子氏が組んでくれました。
(友人として助けてくれた千恵子氏に本当に感謝しています。)
基礎となる根太には2×4材を用いました。





根太が組まれたら、窓以外の壁となる部分に外側から合板をはります。





それから、合板の上に外壁用の防水シートを両面テープで貼ります。防水なので隙間がないように。





防水シートの上から、空気の層を作るための間柱として、1㎝の厚さの材木を全端と一定間隔に打っていきます。ここで使った材木は庭で見つけたものや端材を使いました。色や幅が違うのはそのためです。




それから、ついに外壁をつけます。外壁のみ大工さんより購入しました。
根太から外壁のペンキ塗りまでの実際の作業期間はおよそ3週間ほどでした。



0 件のコメント:

コメントを投稿