2013年12月10日火曜日

小口純也展 わ~くわくストリートジャーナル 終了しました

本日をもって「小口純也展 わ~くわくストリートジャーナル」が終了しました。

初めての地元作家ということで、地元紙にも大きく載せていただき、
たくさんのお客様に足を運んでいただきました。ありがとうございました。













小口さんにとって初めての個展ということで、力の入った展覧会でした。

DMではウィトゲンシュタインを引用し、小口さんが「語られうる」と思ったことを表現したとのことで、
会期中に「語られうることとは何?」という質問を投げかけたところ、
「作品を見てもらえればわかる」という回答でした。


初期衝動のような小口さんの作品から、その「語り」を紡ぎだす日々でした。

言語化される以前の何か、”わ~くわく”な何かが来てくださった方々に伝わっていれば嬉しいです。
















0 件のコメント:

コメントを投稿