2014年3月3日月曜日

ちきゅうのおくりもの―地質学者A氏の研究部屋―はじまりました



本日より「ちきゅうのおくりもの―地質学者A氏の研究部屋―」はじまりました。

今年の最初の展覧会は地質学がテーマです。

地質学とアート(芸術)・・・縁遠いのではと思われるかもしれません。


しかし、


芸術をつくっている人の作品だけが芸術ではないと思っています。

ここでは、見る者の「物の見方」―ときには「生き方」までも―を変えてしまうような ”何か” が芸術であると捉えたいと思っています。

それは、人の生き方だったり、癖だったり、習慣だったり、蓄積だったりします。
はたまた、センスや情熱や孤独や何気なさだったりするかもしれません。


そのような意味でのアートとして、
今回の展示―これから先の展示も―を楽しんでいただけたらと思います。


また、もっと素直に、地球のことや生命のこと、地質学に興味のある方、
大人の方々にも子供さんにもご覧いただけたら嬉しいです。








3月9日(日)14:00~ 地学カフェ 参加費500円(お茶付)

先日、赤松陽先生の地震のメカニズムについてのお話を聞く機会がありましたが、
とても興味深いものでした。
どのような話が飛び出すのか分かりませんが、長年蓄積された引き出しはたくさんあるようです。
ぜひご参加ください。
質問もたくさん投げかけてくださいね。





0 件のコメント:

コメントを投稿