2015年11月30日月曜日

11月の本棚

今月の本棚のコーナー、11月はパンちゃんの「悟るならこれ!な本棚」でした。

パンちゃんに本棚をお願いするきっかけとなったのは、以前パンちゃんが岡本太郎の本をアノニムで買ってくれて読んだ感想が「岡本太郎の言っていることとシュタイナーの言っていることが似ている」という話で、最近「シュタイナー」という名前をちらほら聞いていたので(てっきり教育学者だと勘違いしていたのですが)、読んでみたいと思って、シュタイナーを織り交ぜたセレクトをお願いしていたのでした。

私も一番読みやすいとお薦めしてもらったシュタイナーの『いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか』を読みました。
結構具体的な悟り?のハウツー本だったので驚きました。
自分なりの解釈でこれはやってみたいと思ったのは、
1日5分でもいいから一人で自分と向き合う時間を持つ、というもの。
ちょうど今月初めから河合悠さんのキャンドルのお取扱いをさせていただくことになって、
20分でもキャンドルの明かりで過ごすとリラックスするという話をしていたところだったので、
その2つを掛け合わせて、キャンドルの明かりでお風呂に入ることにしました。
時間の流れ方が変わる(すごくゆっくりになる)ので、無になるにはもってこいでした。


11月の本棚「悟るなら、これ!」

1.『ラーマクリシュナの福音』
2.『バーガヴァタプラーナ クリシュナ神の物語』上・中・下
3.『精霊(スピリット) 共同創造のためのワークブック』ウィリアム・ブルーム著、鈴木真佐子訳
4.『シュタイナー選集1 神智学』ルドルフ・シュタイナー著、高橋巖訳
5.『シュタイナー選集2 いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか』ルドルフ・シュタイナー著、高橋巖訳
6.『シュタイナー選集8 自由の哲学』ルドルフ・シュタイナー著、高橋巖訳
7.『炎の伝承Ⅰ OSHO講話録』
8.『治療教育講義』ルドルフ・シュタイナー著、高橋巖訳
9.『魂の保護を求める子どもたち』トーマス・J・ヴァイス著、高橋明男訳
10.『奇跡を求めて グルジェフの神秘宇宙論』P・D・ウスペンスキー著、浅井雅志訳
11.『ラマナ・マハルシとの対話』1・2 ムナガーラ・ヴェンカタラーマイア記録、福間巖訳
12.『バガヴァッド・ギーター』上村勝彦訳
13.『マヌ法典』渡瀬信之訳
14.『マハーバーラタ』上・中・下 C・ラージャーゴーパーラーチャリ著、奈良毅・田中嫺玉訳
15.『ラーマーヤナ』上・下 河田清史著
16.『バクティ・ヨーガ スワミ・ヴィヴェーカーナンダ講話録』
17.『ギャーナ・ヨーガ スワミ・ヴィヴェーカーナンダ講話録』
18.『カルマ・ヨーガ スワミ・ヴィヴェーカーナンダ講話録』
19.『ニュー・アース』エックハルト・トール著、吉田利子訳
20.『自我の終焉-絶対自由への道』J・クリシュナムーティ著、根本宏・山口圭三郎訳
21.『エンライトメント』(DVD)エックハルト・トール
22.『霊学の観点からの子供の教育』ルドルフ・シュタイナー著、高橋巖訳
23.『色彩の本質』ルドルフ・シュタイナー著、高橋巖訳




0 件のコメント:

コメントを投稿