2016年3月4日金曜日

記録の展示 はじまりました

本日より、「記録の展示」が始まりました。

この展覧会には相澤和典さん、伊藤益郎さん、太田二郎さんの「記録」が展示されています。

何かを継続して、しかも熱量を持ち続けながら、記録していくということは
それだけで感動的なのではないかと思い、企画しました。

記録し続けることは手間だし、面倒だと思うし、「なんのため」にそのようにしているのか、全くわからないのですが、当人たちには必然性のようなものがあるように見えます。

必然性というと言葉が強いですが、よく言われるような環境的、年表的な要因だけではなくて、もっとぐらぐらと揺れる意識とか、何かを見たときのちょっとした印象とか他の人が捉えることのできない当人の脳にしかわからない出来事も含まれていると思うと、もっと楽しめると思います(全ての作品に言えることですが)。

そして、今回の出品者たちの「記録」はテーマがとてもおもしろいです。

文字量の多い展示になっているので、ぜひゆっくりご覧ください。

12日(土)には伊藤益郎さん、20日(日)には太田二郎さんのトークショーが予定されています(詳細はこちら→)。

0 件のコメント:

コメントを投稿