2016年7月1日金曜日

しずかな芸術 はじまりました







本日より「しずかな芸術」展がはじまりました。

毎年工房集の作家のみなさんの展覧会をさせていただいていますが、
今回初めて、テーマを決めて、展覧会をしています。

まず、今井幸彦さん、石井隆浩さん、金子慎也さん、阿久津康仁さんの制作しているニギリの作品、そして長谷川昌彦さんのはんだの延棒を見て、極限までそぎおとされたかに見える作品性、創作性に驚き、「石」のような途方もない永遠性を感じ、「しずかな」というテーマにしました。

タイトルを見て楽しむ足立直久さんの粘土作品、鮮やかな色面の前田貴さんの絵画作品もまた、明確な形を削ぎ落とされているがゆえの何とも言えない沈黙感があります。


これもまたひとつの宇宙みたいな、しずかな展示空間になるように心がけました。

7月26日(火)までの展覧会です。

ニギリたちのひそひそ声のおしゃべりに耳を傾けていただけたらうれしいです。






0 件のコメント:

コメントを投稿