2016年10月7日金曜日

せかいはかがみ はじまりました

本日より「せかいはかがみ」展が始まりました。







本展では、五十嵐慈保子さんの立体作品、小口純也さんの音作品、アノニム・ギャラリーのお遊び作品が並んでいます。


この展覧会の準備中に、友人との会話で「ものになりきってみる遊びをした」という話を聞いて、アノニム・ギャラリーとしても、物になりきる参加型の仕掛けを出品しようということになりました。
なりきりつぶやきは会場の壁に貼っていくので、五感をフルに使って、想像力をはばたかせて、参加してもらえたらと思っています。今日も面白いつぶやきをいただきました。


小口さんの作品は32分位の音の作品なので、ゆっくりと聞いていっていただけたらうれしいです。

五十嵐さんの立体作品は、見る角度によって表情が変わるので、あなたの好きな角度を見つけてみてください。


皆様のお越しをお待ちしております。



*     *     *



そして、昨年から始めた小口さんのWS「自己との対話」は参加者を随時募集しています→

ワークショップ「自己との対話」

<内容>録音機材を使い、ひとつの作品を作り上げるワークショップです。私の、今一番あなたに聞いてみたい20の質問に答えていただきます。そこから私の声だけ抜き取ります。60分位の作品となってあなたの声だけが録音・編集されたCD-Rを後日お渡しします。聞き返してみるとき、自己との対話という作品が生まれるはずです。(小口純也)

<参加料金>3000円

お問い合わせはアノニム・ギャラリーまでお願いします。



0 件のコメント:

コメントを投稿